ドッグフードや犬の餌の与える適正量や目安 1日の回数について

 愛犬を飼われている飼い主さんの多くに、ドッグフードや愛犬の餌の量について疑問や悩みを持っている方は多くいらっしゃるようです。

ところが、これはとても重要なことであり、その量や回数、方法によっても、飼い主さんとの関係性が変わってしまうこともあるほどです。

私たちはこれまで、愛犬たちのドッグフード量や回数をたくさん試行錯誤し、試してきました。

ここでは、愛犬との関係性を改善するようなフード量や1日の回数の決め方などをご紹介しています。

あなたと愛犬との関係や、お互いの人生において、ほんのわずかでも役に立てることができたなら良いと思います。

ドッグフードや餌の量の目安と決め方

ドッグフードや餌の量には適正な量があるのでしょうか?

私たちの考えは、 愛犬の年齢とそして最も重要な要素があるとしたら、普段の運動量が密接に関係していると考えています。

ドッグフードの量の決め方や目安を、真剣に考えている人は増えてきています。

しかし問題は、どのような目安にしたらいいか、まだ不明瞭な部分が多い事だと感じています。

ここでは、私たちが愛犬の健康と体重を適正に維持することに成功した、フードの量の決め方と目安をご紹介しています。

 〜犬の体重が軽すぎる時の適正な餌の量〜

成犬で体重が軽すぎる場合は、運動量を増やすよりも、餌の量を見直すかあるいは、栄養素やカロリーの高いフードを選ぶことなどの選択が必要となるでしょう。

私たちのラブラドールも適正な餌の量を決めていく過程や彼に適したフード選択をしている期間において、彼の体重が減りすぎたことがあります。

〜犬の体重が現在適正な場合の餌の量とは〜

愛犬の体重が適正な場合は、現在の餌の量と運動量のバランスが取れているといえます。

犬の適正体重とは、犬種によって異なり、それは獣医師さんやそのほか書関、ネットなどで簡単に調べがつきます。

以下のリンクでは、愛犬の体重が現在適正の場合の、フードの目安量や決め方を詳細にご紹介しています。

 〜犬の体重が重い、太り過ぎの時の餌の適正量とは〜

おそらく、愛犬の体重が重たい、重め、または太り過ぎ、というパターンがやはり多いのかなと感じます。

このときはとても、フードの量の決め方とコントロールがとても重要であると考えます。

そして決まって、減らすことになることは覚悟の上で取り組むことになるでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応