スキップしてメイン コンテンツに移動

1日何回がいい?愛犬に与える ドッグフード の給餌回数とは?

 1日に与える ドッグフード 量は、とても重要です。 なぜなら、愛犬の適正な体重と、適正な健康を維持することを、長期的に助けることにつながるからです。

ここでは、その給餌量にんついて、私たちの体験をあなたにお伝えし、愛犬のためにご参考に頂ければと思います。

1日何回がいい?愛犬に与える ドッグフード の給餌回数とは?

犬の餌の給餌回数や頻度

一日に何回が良いか 犬の餌の回数は、一日あたり何回が適正か、という問題も多くの飼い主さんにはあるようです。

これは飼い主さんと愛犬の生活リズムや体重と運動量に起因していると思っています。

基本的には、1日分の餌の総量を飼い主さんの考えや意見やこだわりを元に、数回に分けることになるのですが、2回がいいのか、3回が望ましいのか、とても悩ましいものです。

もっとも考えるべき点があるとしたら、愛犬が空腹状態が望ましいのか、それとも常に満腹状態が望ましいのか、という点かもしれません。

私たちは愛犬が常に満腹状態であることよりも、若干の空腹状態が良いと考えています。

満腹状態を維持していることは、確かに空腹よりもストレスが低い、あるいは感じていないように思えます。

ところが、例えばドライフードなど与える量が多く、回数も多いと、空腹によるストレスよりも消化によるストレスが高いこともあります。

ドライフードではないウェットタイプになると、消化吸収は早く、空腹になる時間もドライフードよりも比較的早くなります。

私たちもうどん、お好み焼き、もんじゃ焼、たこ焼きといった「粉物」と言われる食べ物は、消化も良いためお腹が空くのが早かったりします。

しっかりと食べているのに、空腹感が早く訪れるということは、栄養は足りているけれど、お腹だけが空いているという状態だと言えます。

私たちも愛犬の空腹状態に悩みましたが、体重管理がしっかりとできる餌の量と栄養の量であれば、空腹感をあえて満たそうとする必要はあまりないと思っています。

また愛犬が空腹ではなく満腹感が常時続くことで、フードアディクション(食べ物中毒)のような症状や、飼い主さんが何か食べようとするとすぐに欲しがったり、要求するような行動に出やすくなるものです。

愛犬に空腹を我慢させるというと、とても厳しいしつけに思えますが、空腹状態は犬にとって慣れているものでもあると言えます。

またいつもおやつなどを与えてしまい、愛犬を満腹にさせることで、主従関係が逆転してしまう可能性も高めてしまいます。

このようなことを考慮し、私たちは彼らにはあえて空腹感を感じてもらうように、1日2回に設定しています。

これは決して彼らに意地悪をしたくてしているのではないこと、ご理解いただきたいと思います。

空腹感を感じることは、私たち人間と愛犬との間にある意味での信頼関係を築く良い機会ともなり得る、これが私たちの考えです。

愛犬はたとえいくら可愛くて、愛情を注いでいても、愛犬は犬という動物であり、私たち人間とは大きな隔たりがあるものです。

「だめ!」と言葉で言っても聞かないことは何度もあるものです。 基本的に犬に言葉は通用しない、そう思うと悲しいと感じますが、この事実を冷静に受け入れておくことは重要だと思っています。

そして犬が自発的に飼い主の言うことを聞こうとするとき、それが程よい空腹状態である、と言うことがとても多いわけです。

お腹が空いているのがかわいそうだと感じるのは、私たち人間の特有の感情状態かもしれません。

しかし犬にとってお腹が空いているのは、結構当たり前なことでもあるわけです。

自然界において、安定的に食べ物に有り付けないことはしょっちゅうで、犬に限らず、自然界の動物たちは空腹感をよく感じているといえます。

お腹が空いているとき、特に犬の場合は、寝ていたり、体を極力動かさないようにしていることが多いでしょう。

無駄な体力は使わない、休息することに時間を充てるなど、犬自身も空腹感と上手に付き合っているといえます。

そして空腹感があるとき、実は大切な働きが活発化されてることがわかっています。

それが、「若返り遺伝子」と言われるものです。 若返り遺伝子は、サーチュイン遺伝子と言われている遺伝子で、空腹時にもっとも活性化すると言われています。

ある研究機関の実験によると、通常の半分ほどの餌の量を与え続けた猿と、そうでない猿とでは、明らかに半分しか食べていない猿が見た目的に若返っていたそうです。 これは人間にも認めらている遺伝子の活性化のようで、空腹とは若返る要素があるといえます。

だからと言うことではないですが、餌の適正量を見つけた上で、餌の給餌回数を決定すると良いと思いますし、空腹感は彼らにとってメリットでもあると言うことです。

愛犬はまた、空腹感を満たすよりも幸福なことがあると思います。 それが飼い主さんとのスキンシップであり、タッチングという行為です。

飼い主さんに「よしよし」と頭をゆっくりと撫でられることは、愛犬にとって幸福を感じるものです。

もちろん主従関係がしっかりと成り立っていることが前提と言えますが、「触れられること」「触れてもらえること」は、愛犬に一番安心感を与え、安心感は幸福感につながると思います。

では逆に、空腹感ではなく満腹感のメリットもあるでしょう。

満腹感は、愛犬がとても嬉しそうなことがそれと言えるかもしれません。

ところが、犬が満腹の時は飼い主さんの言うことを、もっとも聞きにくい時でもあるといえます。

愛犬が飼い主さんの言うことをもっとも忠実に聞いてくれる時は、おそらく餌の時間でしょう。

私たちの愛犬たちも「待て」「おすわり」「ふせ」と、普段はあまり率先してやらなくても、餌の時間だけはこれらを完璧にこなします。

そうです、犬はお腹が満たされると思うと、自ら率先して飼い主さんの言ったコマンド(待てやふせと言う言葉)をやろうとするわけです。

もっと正確に言うと、自分から「やりたい」わけです。

これをすれば食べ物にありつける、この心理が彼らがとてもお利口に言うことを聞いてくれる要素であり、瞬間でもあります。

つまりこの空腹感を利用して、コマンドを教えたり、家の中でのルールを教えると言った「しつけ」をすることができます。

これを「オペラント方式」と言って、おやつやフードをご褒美として与えながら、コマンドやしつけを行う方法です。

犬は空腹感があるから、それを少しでも満たすことができるから、全てはご褒美のために、コマンドの通りに動こうとします。

そのため私たちは(毎日はしませんが)、散歩の時にしつけやそのほか覚えてもらいたい何かをトレーニングする時に、彼らに多少の空腹感を持ってもらうことで、トレーニングがとても順調に進みやすくしています。

どんなことをしたらご褒美がもらえるのか、と言うことを彼らに知っておいてもらう必要があるし、またご褒美は嬉しい状態である方が効果的です。

満腹感で、特に何も困っていないと言う心理状態では、飼い主さんに従おうと自発的に思わないことが多くあるでしょう。

なぜなら、犬はお腹がしっかりと満たされているため、何も困っていないからだといえます。

飼い主さんに従うと、ご褒美をもらえるなど、いい子いい子してもらえるなど、何かしらの良いことがある、その体験が繰り返されていくと、犬も飼い主さんに従いたくなると言われています。

例えば散歩で先を歩かない、リードを引っ張らない、急にどっかに走り出さない、ほかの犬に吠えない、などは、飼い主さんとの信頼関係を構築しておく必要があり、それらをやらなければ良いことがあると犬が知っている必要があります。

そのため、空腹感といのは、飼い主さんと愛犬との間に、信頼を築いたり、ルールを明確にしたり、しつけなどをする上で、とても重要な要素になっていると私たちは思っています。

またお腹がちょうど空いた朝と夜に、毎日私たち飼い主から餌をもらうその喜びは、「この家に来てよかった」と愛犬にも思ってもらいやすいとも感じています。

私たちは愛犬たちと自分たちとの関係性の構築のためにも、餌の回数を2回に設定しています。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい