スキップしてメイン コンテンツに移動

4ヶ月や5ヶ月の子犬の ドッグフード (餌)の量

 ここでは、子犬期に重要な ドッグフード の量などについて、ご紹介していきます。

4ヶ月や5ヶ月の子犬の  ドッグフード  (餌)の量

成長期の栄養面でとても重要でありながら、与え過ぎなどにも注意が必要になります。

私たちの体験から、その注意点や詳細な内容をご紹介します。

4ヶ月や5ヶ月の子犬の ドッグフード (餌)の量

4や5ヶ月の子犬期の ドッグフード や餌の量は重要だと感じています。 と言うのも、この時期に太らせてしまったり、あるいは栄養が不足することは成長にも大きく影響することがあるからです。

またドライフードにも慣れさせていく時期のご家庭のワンちゃんも多いでしょう。私たちは ドッグフード や餌の量は子犬の性格やしつけに応じて与えるようにしていました。

餌の量は基本的には、フードに記載されている量でも構わないでしょう。

まだ成長期なので、体を大きくする必要があるし、それら栄養を自分の体の成長にしてしまうことが多いでしょう。

成犬になろうとしている段階では、人間の子供でいうと中学生や高校生のような非常に代謝の高い時期だと例えることができます。 食べても食べても、それらをエネルギーにしてしまい、お腹はいつも空腹感を感じやすい時期と言えます。

ところが空腹だからといって、その要求に応えるのは、将来的に望まない状態を引き起こす引き金ともなりかねません。 言う事を聞かない、無駄吠えが多い、要求吠えが多い、これらはおそらく、この時期の餌の与え方に問題があると予測されます。

つまり、主従関係が逆転してしまっている状態になった可能性があります。

この主従関係に気をつけながら、さらには子犬のカロリーと栄養にも気を配りながら、フードを与える必要がある時期で、少しばかりの工夫は必要となるでしょう。

 ドッグフード や餌の量は、基本的にドライフードなら、そのメーカーの推奨量を与えることから始めると良いと思います。

ただし、私たちは、必ず水でしっかりとふやかしてから与えます。 そしてできることなら、餌台(フードスタンド)を使用して、餌と水を与えることが望ましいと考えています。

フードは推奨されている目安の量を与えながら、体重管理をしていくようにすると、なお良いでしょう。

体重はこの時期はまだ増加傾向にあるため、増加していく分にはあまり深刻に気にすることはないように思えますが、減少している状況だと体調的に何か問題が生じているかもしれません。

体重が4から5ヶ月程度で、減少傾向にあるなら、とりあえず獣医師さんの所に相談していくのも一つの良い方法です。

増加傾向であるのは問題ないだろうと伝えましたが、このような成長期でも太りすぎる可能性はあるものです。 例えば、おやつの与えすぎなどはその最たる原因となり得るでしょう。

おやつを与えることも、子犬にとって空腹感を満たすことであり、それはそのまま飼い主さんが子犬の要求に応えてしまっていることにつながります。

これは主従関係の構築にも良くない影響を与えることでしょうし、また太りやすい体質にもしてしまうでしょう。

子犬期であっても、適正体重を知るためのチェックをしながら、現在の愛犬が体重超過しすぎていないかを確認すると良いでしょう。

適正な体重を知るおすすめのチェック方法とは、肋骨を触って、その凹凸が確認できるかと言う方法です。

適正体重の犬であれば、肋骨はしっかりと確認することが可能です。 太りすぎていると、「あれ?これが肋骨かな?」と言うようにその凹凸が、とてもなだらかに感じることが多いでしょう。

逆にやせすぎは、見ただけでくっきりと肋骨がわかったり、触ると皮膚が非常に薄く、まるで肋骨をそのまま触っているかのように感じるでしょう。

これらのチェックを日頃からよくしておくと、子犬期の愛犬の体重をより健全にコントロールしてあげることができるでしょう。

 ドッグフード や餌の量や回数は、しつけの状況に応じさせる方法 もちろん栄養不足にならないように、しっかりと飼い主が量などを調整する必要があるでしょう。

それと同時に、この時期からだんだんと子犬も自我を出してきて、要求したり、あるいは甘噛みをしたり、色々とやんちゃになっていく時期だと言われています。

しつけはその家庭にきた時から本来始めるべきであり、犬にとってもその方が望ましいことが多くあります。 なぜなら、子犬の時は許されていたことや、容認されていたことが、成犬になると都合が悪くなったと言うことで、急に禁止になってしまうことになるからです。

これは愛犬にとって、とても受け入れ難いことであるでしょう。 だからこそ、ご家庭のルールを飼い主さんが明確にし、それを早くから教えてあげる必要があり、餌のタイミングはそれを伝えるのに、とても絶好の機会にもなると言うのが、私たちの体験上から得た知識なのです。

例えば、 ドッグフード や餌の量は変えずに回数を変えることが、4から5ヶ月の子犬期には良い方法ともなるでしょう。

お腹が空いた、でもなぜか餌が与えられない。 「どうした?!どうした!?」 と言うように、ワンワン、キャンキャンと吠えてアピールをするでしょう。

しかし、いくら泣いても餌を与えないことが大切です。泣いたら餌から遠ざかると言うルールを、彼に言葉ではなく体験的に知ってもらうことが重要なのです。

例えば3回与えていた餌量を2分割にして与えれば、必要な栄養素はしっかりとまかなえます。 そして回数が減ったことで吠えない子もいるでしょうが、もし吠えるようなら、既に飼い主さんに要求吠えをしているといえ、主従関係は逆転しつつあることが伺えます。

このような事を1週間に数回試してみると、現状の愛犬との関係性がよく理解できる事でしょう。

そして主従関係が逆転している可能性があるなら、つまり、要求吠えをしてくるならば、それはしっかりと家庭のルールを教える必要が出てきます。

ご家庭のルールとは、どのようにすれば、ちゃんと ドッグフード や餌が問題なくもらえるか? と言う事を体験的に何度も伝える事です。

私たちは心を鬼にして、吠えているうちは絶対に与えることはしませんでした。 そして泣き止んでから与えようとした時、再びキャンキャンと鳴いたら、餌を遠ざけてテレビを見たり、静かにして犬を見ないようにしました。

餌が犬の目の前に到達するまで、何度も、何度も、餌入れを持っては近づき、鳴いてはスタート地点に戻しての繰り返しでした。

このルールを教えた当初は、彼が餌を食べるまで、30分近くを要していました。

毎日、毎回、これを繰り返し、とても心が折れそうになりました。

しかし、1週間もすると、そのトレーニング回数は21回以上になり、回数がかさむに連れて、だんだんとそのルールが理解できてきて、吠える事をやめるようになりました。

ずっと黙ったまま、「吠えない方が早く食べることができる」と言う我が家のルールを、体験的に理解してくれました。

今では、自ら率先して、自分のテリトリー内で休んでいたり、餌入れを持っても吠えることは一切なくなりました。

このようになるまで、私たちは言葉の一切を言ったことはありません。 例えば「まて」だとか、「だめ!」と言う言葉のすべてを言わないで、態度のみで覚えてもらうようにしました。

実はこれにも効果的な側面がかなり高くあり、言葉を投げかけないことで、犬は冷静になり、「ん?どうすれば餌をもらえるんだ?」と自発的に答えを導き出そうとする効果があるのです。

そして自分で出した答えが正しいとき、つまり、餌がもらえた時をしっかりと覚えていて、余計にそれを自分から行いたくなるようになり、家庭のルールを率先して守ろうとしてくれるのです。

例えば私たちの家庭のルールは、「吠えない、要求しない、黙って待っている」ということです。

トレーニングを通じて、どうしたら餌がもらえるかを彼らに自発的に考えるように促し、「そうか、こうすればご飯がもらえるんだ!」と発見する為の機会を、彼らに与えるという事です。 そしてそれを発見した瞬間こそ、餌を与えるのに最も良いタイミングでもあるわけです。

「そんなことは子犬のうちはかわいそうだから・・・」 そのような気持ちに駆られることは、子犬から飼っている飼い主さんには当然のごとくあり、私たちにもありました。

しかしこれを容認し続けてしまうと、本当に要求吠えが止まらなくなったり、餌入れを投げてアピールしたり、鼻でツンツンとつついたり、主従関係が逆転していく可能性を高める傾向になります。

この時期のしつけに応じて餌の量を調整することに加えて、しつけや家庭のルールを体験的に覚えてもらうようにすると、その後がとてもスムーズにいくことがあります。

お腹が空いているとき、犬は自分から言うことを聞こうとする 犬は生きることに必死で、食べ物には貪欲な傾向があります。

しかしその貪欲な欲望のままに食べさせてしまうと、しつけどころか、貪欲な要求に飼い主さんが応える形になり、結果的に主従関係が逆転することにつながりやすくなります。

しつけは、家庭内のルールや散歩の時などのルールを覚えてもらうことが目的であり、 ドッグフード や餌のタイミングはとても効果的だと、私たちは考えています。

家庭のルールは、各ご家庭ごとで様々なものがあり、非常に多岐にわたるので、これが正しいと言うことは断定することはできません。

例えば私たちの家庭のルールというのは、入ってはいけない部屋を教えることや、ハウスに入ることを覚えてもらう、伏せさせたり、おすわりで待つこと、噛んで良いものといけないものを覚えてもらうことなどがあります。

愛犬には飼い主さんとの良好な付き合いを実現するためにも、たくさんルールを覚える必要があり、焦らずに一つ一つを教えることが重要となるでしょう。

特に大型犬や中型犬にもなると、何も教えなければ、椅子の脚やカーテンをボロボロにしてしまうし、家の柱にさえかじりつくこともあります。

全くトレーニングをしていないと、コンセントもボロボロにしてしまうし、私たちの経験上で最悪な場合では、ゴキブリを駆除する薬なども食べた時がありました。

しつけ、つまり家庭内のルールを覚えてもらうには、犬がお腹を空いている時がとても効率的で、よく言うことを聞こうとしてくれます。

お腹を空いた状態にしておくことは、家庭のルールを覚えてもらうことと、食べ物がもらえるというご褒美の嬉しさを知ってもらうことに、とても効果的だと、私たちは感じています。

お腹が空いている、食べたい、食べたい、食べるためにはどうするべきか、それを言葉で言うのではなく、何度も何度も体験的に教えてあげることで、愛犬はやがて素直に聞いてくれるようになるでしょう。

お腹が空いていない時というのは、愛犬にとって、そのような欲求が生まれにくい時だと言えます。

「お腹が空いた、でも要求吠えしてもくれない、じゃぁ黙っておこう、それでもくれない、じゃぁおすわりしてみよう・・・」

このように愛犬はお腹が空いているから、自分で答えを見つけようとし、いかに早くご飯をもらえるか、ご褒美をおもらえるかを考えようとしています。

そして、正解の場合は、 ドッグフード や餌を与えたり、ご褒美のおやつを黙って与えることが効果的でしょう。

愛犬にとって答えを考えて、行動に移し、食べ物をもらった瞬間は、飼い主さんからのOKサインだと理解してくれるでしょう。

「そう。それでいいんだよ。」

という言葉ではない言葉が、正解のご褒美というわけです。

愛犬の空腹時を、飼い主さんもよく見極めて、そのようなタイミングで覚えてもらいたいルールを、根気よく毎日、ご褒美とともに教えてあげると良いでしょう。

 ドッグフード や餌の量を朝は少なめ、夜は多めなどにする 例えば私たちの場合では、しつけをする時が昼間なら、朝は少なめで与え、日中には空腹状態になりやすくすることがあります。

お腹が空いてきた時に、しつけとトレーニングをし、彼らが好奇心とやる気を持って覚えやすくするためです。

4から5ヶ月の犬はとても生意気になっていく時期でもあり、飼い主が自分よりも強いか弱いかを試したりもしてきます。

どちらが上か下か、を犬の本能的に決めたがるようです。

しかし彼らに食べ物を与えるのも、あなたであり、飼い主さんです。彼らはそのこともよく知っているし、また知らせる必要があります。

時間が日中にトレーニングできるようなら、朝を若干少なめにして、早めに空腹時が訪れるようにすると、トレーニングが行いやすくなるでしょう。

またお腹の中に食べ物が残っている場合は、愛犬も集中力を発揮してくれにくいでしょうし、消化不良の原因にもなるでしょう。

もしトレーニングをするタイミングなどが日中だったり、夕方だったりするなら、夕飯前に空腹が訪れ、愛犬たちが集中して食べ物を欲しがるように餌の量をコントロールする方法も良いでしょう。

空腹時にご褒美を与えてトレーニングを行うことで、あなたの要求に応えようとしてくれるでしょう。

私たちも実際に、子犬期でトレーニングするため、朝は少なめにし、夜の餌の量を多めにするなどして与えていました。 基本的におやつは与えなくても大丈夫 度々耳にすることが、愛犬におやつの時間だと言って、決まった時間におやつを与える飼い主さんがいることです。

これはそのご家庭の方針によるので、全く否定はしませんが、私たちはおやつはイコール、しつけやトレーニングのみに限定しています。

つまり私たちの考えでは、4や5ヶ月の子犬のうちから常に、何かを食べる時には、何か条件をつけさせてあげることが重要だということです。

何か食べたい、そのような欲求は犬ならいつも持っているものです。 私たちも与えないことはないし、餌もしっかりと与えます。

しかしその代わり、新しいことを覚えて欲しいということです。

新しいことは例えば、「おすわり」かもしれませんし、「まて」かもしれません。 「ハウス」かもしれませんし、「つけ」だったりするでしょう。

これらを通称「コマンド」と言い、人の言葉と犬の行動を一致させるトレーニングの一つです。

一日に一つずつ、覚えてもらうようにすると良いでしょうし、そのためには、おやつをトレーニングに活用することはおすすめな方法だと言えます。

おやつの時間だからと言う理由で、ただ闇雲に子犬のお腹を満たすことはあまり推奨できるものではないと考えています。

おやつはルールを覚えたご褒美として、愛犬の期待感を高めることにも繋がり、そうなると余計に覚えてくれようとしてくれます。

おやつをそのまま与えることは、決して悪いことではありません。しかし、愛犬の空腹を満たすという要求と欲求に応えるだけで終わってしまうことが多く、それが続くと、主従関係を覚えてもらうことも難しいと言えるでしょう。

また傾向として、子犬期に覚えたことは、ほぼ一生を通じて覚えてくれていて、大人になっても実践してくれることが多くあります。

おやつをトレーニングに活用することで、彼らは食べたいから言うことを聞くし、言うことを聞けば食べることを知ることができます。

子犬期に要求されるままおやつを与えてしまうことは、つい反射的に与えてしまいがちなものです。その感情は痛いほどよく理解できます。

ですが、その感情を一度は止めて、冷静に考え、「犬」という新しい家族の形と向き合って、より考える必要があると、私たちは感じています。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい