犬が 餌入れ (フードボウル)を投げる時の意味や対処法について

犬が  餌入れ  (フードボウル)を投げる時の意味や対処法について

   餌入れ  (フードボウル)を投げる意味とは餌の時間になると、犬が 餌入れ を持ってきたり、投げてきたりすることがあるようです。

私たちの飼っている柴犬とラブラドールではそのような行為はありませんが、ラブラドールの方はとてもよく鳴いたものです。

 餌入れ をケージの中に入れて置いたり、そのまま放置したりしていると、犬は飼い主がその中に餌を入れることをよく知っています。

そのため餌の時間になると、餌を入れろと要求している可能性が考えられます。 これは吠えることや、鳴くことがあるなら、それらも同様だと言えるでしょう。

主従関係が大切 犬の社会は主従関係で成り立っていると言われています。 つまり、強いと認めた存在の前では素直に従い、弱いと思った相手には要求して命令をしてくる傾向があるということです。

犬が 餌入れ を投げていることは、餌の時間だ、早く餌を入れてくれ、餌を食べさせろ、と飼い主に要求しているかもしれません。

これは飼い主と犬との主従関係が逆転していることを意味しているでしょう。

犬は餌の時間になると、とても興奮しやすいものと言えます。

それは私たちが飼っている柴犬もラブラドールも、例外はありません。

しかし私たちは、餌をもらうために犬には、少しでも冷静になってもらうことや、餌を食べるためにどうすれば良いかを考えさせることはとても重要だと考えています。

この繰り返しが徐々に逆転した主従関係を改善するきっかけの一つになるでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応