ラブラドール 子犬期の大切なしつけ(トイレトレーニング)と家庭環境

仔犬の ラブラドール のトイレトレーニング

子犬に重要な環境作りができ、彼がいつも安心して寝ていられるようになったら、次に重要なことがトイレのしつけであり、トイレトレーニングというものです。

猫の場合、トイレはしつけなくてもやってくれますが、犬の場合は、トイレをしつけたり、覚えてもらう必要があります。

さらに子犬期はほとんど寝ていることが多く、また多く寝てもらわないといけません。

そうなると子犬が起きるのは「トイレがしたい時」か、「お腹が減った時」のどちらかであるか、あるいは両方であるときが多くあります。

まず子犬が餌の時間ではないときに起きたなら、そのほとんどはトイレをしたいタイミングだと言えるでしょう。

そのような時は速やかに、かつ無言でクレートや囲われたケージから子犬をだし、抱いたままトイレへ連れて行きます。

この時、勝手に歩かせてしまうとどこでおしっこをするかわかりませんし、また彼の守るべきテリトリーと意識を広げています可能性もあるので、歩かせないでトイレのある場所に向かいます。

トイレはできれば部屋をまたぐとはではなく、最初は近い場所で、すぐに到達できる距離が良いと思います。 そしてトイレトレーは周囲が囲まれていて、子犬が必ずトイレトレーの上でおしっこやウンチができるようにすると良いでしょう。

これにはサークルを私たちは使っていました。

サークルはただ囲われているだけの構造で、天井もなく、子犬をすぐにその中に入れることができます。

そしてトイレトレーの上で子犬がおしっこをしたら、何か合図となる簡単な言葉を投げかけておくと良いでしょう。

例えばおしっこは「シーシーシー」とか、ウンチの時は「うんうんうん」などでも構いません。

この言葉を子犬期から繰り返し繰り返し、トイレのたびに聞くことで、「シーシーシー」というとおしっこを、「うんうんうん」というとウンチをすぐにするように心がけるようになります。

これら飼い主の合図と愛犬の行動を一致させることを、「コマンド」と言います。

私たちの ラブラドール も子犬期から成犬になる手前までこれを継続して行きました。

今では彼は「シーシー」と言えばおしっこをしたり、「うんうん」というとウンチをしようと試みます。

ただ必ずしもおしっこやウンチを出すということはありません。 例えばおしっこの合図なのに、ウンチをしてしまうことこともありますが、問題はありません。

あくまで合図を聞いて用を足そうと頑張り、本当にしたい時だけ排泄されるということです。

合図と違うからといって叱る必要はなく、どちらが先に出てしまうかは犬であろうと人間であろうとコントロールは難しいものです。

また上述の安心して眠れる環境にも重なることですが、トイレトレーの隣で子犬が寝ていることや、一緒に入れてしまっていることがあります。

これはとても不衛生であり、食糞が癖づいてしまうことや、さらには見えないストレスを増やすことにつながります。

犬の特性として自分のテリトリーの外まで行って、排泄をします。 これは外敵に自分の寝床や巣穴が知られないためにという理由に加えて、犬はとても綺麗好きなのです。

そのためできるだけ、排泄は自分の寝床から遠くにしようとするのが犬の習性だと学びました。 これを私たちも理解し、利用し、そして子犬にストレスがない環境づくりを心がけました。

またトイレトレーの上でトイレを覚えてくれると、おそらくそれは彼の一生に渡り使用できるでしょう。

私たちの ラブラドール は外でも排泄をしますが、雨や台風、夜の寝る前や朝起きてすぐなどは、トイレトレーで排泄をするので、わざわざ寝起きや夜中に外にでる必要がほとんどありません。

ほとんどというのは、例えば旅行などで環境が変わると、これをいつも通りしてくれないことがあったり、外で排泄を繰り返すことで、我慢して外でしようとすることがあるからです。

しかし大雨の時などは自分から外での排泄を諦めて、トイレトレーでしてくれるのは、非常に助かっています。

上述の「シーシーシー」や「うんうんうん」と言えば、トイレトレーのある場所(成犬後は距離を離していく)に自ら飛んでいきます。

子犬期はよく眠り、よく食べ、よく排泄し、たまに遊び、そしてまたよく寝る。というのが基本的な繰り返しになることが多いと思います。

〜トイレのしつけの重要なポイント〜

最初は子犬もトイレを我慢できる時間も短いので、3から4時間くらいで一度起き、トイレをし、また寝る。ということになると思います。

上述のような「安心して寝られる場所」の中で寝ていることは、裏を返せば、飼い主さんか、家族の誰かが、子犬が起きた時にすぐにトイレに出せることがとても重要になります。

つまり、家族の誰かしらが、いつも家にいる環境であることが大切なのです。

幸運なことに、私たちは家での仕事が多かったので、彼の寝起きを見張ることが可能でしたし、そのための準備もしました。

きっと家族がいつも家に居られる環境作りが難しいので、トイレトレーと子犬を同じ場所に入れてしまわざるを得ないと思います。

これは最終的に、愛犬が家でトイレをすることを嫌がるようになる可能性が高く、雨でも台風でも、外に連れて出て行かなくてはならなくなるでしょう。

ただ誤解して欲しくないのは、トイレは家の中でも外でもどちらでも良いと言えることです。

外の場合は他人の迷惑にならないように、マナーを守らなくてはなりませんが、愛犬が排泄をしてくれることや、それに飼い主さんがお付き合いできる環境を維持できれば良いと思います。

事実、私たちは柴犬も飼っていますが、彼は家の中では全くしないようになりました。これは個体差や性格的な面もあるので、私たちは責任を持って、彼のトイレには雨が降ろうが槍が降ろうが、外に出る覚悟をするまででした。

まずは、トイレトレーと子犬を一緒の空間に置かないことを考慮して、子犬が起きてすぐにトイレに出せるように、家族が見張れる環境が可能かを検討してみると良いかと思います。

この二つがトイレに関する重要な点だと私たちは思っています。

〜安心できる居場所(寝床)から出すとき〜

トイレの時はそのまま抱っこして、サークル(ダンボールでもOK)で囲われたトイレに運ぶので、リードは必要ないですが、家の中を歩かせるときや、クレートなどから出して家族と一緒にいる時などは、家の中でもリードをつけて移動させることが大切です。

これは上述した愛犬のテリトリーと自分には関係のない空間の区別を覚えてらもいやすくするためです。

 ラブラドール の子犬は好奇心旺盛で、なんでもどこでも入りたがります。 そのため例えば傷つけて欲しくない畳のある部屋であっても、御構い無しに入ってしまいます。

一度行った空間とは、飼い主さんが入ることを許可したことを子犬に伝え、それが許されているという確認にもなります。

それは同時に、「自分のテリトリーかもしれない」と思わせ、継続されることで、「ここは僕のテリトリーだ!一生懸命守るぞ!」という認識を強めてしまうでしょう。

これによって愛犬は自分が守るべきテリトリーが大きくなり、落ち着けない環境になりやすくなります。 例えばお子さんがいるなら、自分の子供であっても入って欲しくない部屋や空間、触れて欲しくない何かが、家の中には少なからずあるものです。

それを自分の子供がやったら、それはやってはいけないこと、許されていないことを教えるものです。

相手が子犬であっても、これは同じで、入って欲しくない部屋に入ろうとしたら、リードをクイッと引いて、何度も教える必要があるのです。

リードは首輪につけるタイプを利用するのがオススメです。 ハーネスという愛犬の胴体につけるタイプがありますが、これは飼い主さんの意図が伝わりにくいと教わったことがあります。

飼い主さんの多くは、首では痛いだろう、かわいそうだ、という感情でハーネスを選ぶ人が多くいるようです。

しかし例えば上述のような入ってはいけない部屋を教えるのに、ハーネスでその意図が伝わらない時は、ハーネスやリードを外したらそそくさと入ってしまう可能性が高まります。

首輪にリードをつけるタイプは、飼い主さんがクイッと引っ張ることで、子犬の顔の向きが変わります。これは飼い主さんの意図、つまりやって欲しくないとい意図やルールが伝わりやすくする助けになります。

家の中を歩く時は、首輪とリードをつけて、子犬にルールを伝えていくと良いでしょう。そして ラブラドール の子犬は非常に早く、それを覚えてくれもするでしょう。

また首輪を最初は嫌がる子もいます。 うちのラブも最初は嫌がりましたが、最初から首輪をつけるよりも、「首に何かを巻くことに慣れる」というトレーニングから入ると効果的です。

例えば数日間リボンを首に巻いておくだけでもよく、私たちもこの方法で首に何かを巻く違和感を小さくしていきました。

家の中を歩く時はリードを使用し、歩いて良い場所や、入ってはいけない部屋を教えると同時に、家族と一緒にいる時も、自由な行動を制限するためにリードで繋いでおくと良いでしょう。

リードで繋いでおき、子犬の行動を制限することで、彼のテリトリーを広げることを直接的に防げるようになります。

私たちは ラブラドール が成犬になっても、決して放し飼いにはしません。彼が1人の時は必ずリードで繋いで、簡単には動かせないようなテーブルの脚などにつけて、家の中で留守番してもらっています。

また水が飲めるように水をそばに置いて、余裕があるようにリードは2本繋げて工夫しています。

愛犬の行動範囲は、気がつけば広がってしまうものです。彼らはふとした瞬間に、子犬期のルールを忘れてしまうこともあるようです。

私たちの ラブラドール は、私たちの様子を伺いながら、少しずつ、「これくらいならいいか。」と思える絶妙なところで、自分のやりたいことや好奇心を満たそうとしています。

これは自由度が増すと同時に、彼の守るべき範囲も広がる傾向にあります。

ダメなことはいつまでたってもやってはいけないダメなことだと、はっきりと愛犬には教えてあげ、それを飼い主さんも継続することが大切だと思います。

それがきっと、彼のためにもなると思います。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応