ラブラドール の寒さと対策について

  ラブラドール  の寒さと対策について

 ラブラドール は室内で飼い、抜け毛はこまめにブラッシングしてあげることが望ましいとお話ししましたが、これは主に暑さ対策についての内容でした。

例えば冬の時期になると、体毛のアンダーコートはとてもふわふわしていき、体格も一回り太ったように思えるほど、毛のボリュームが増えます。

そして ラブラドール は寒さに強いというよりも、おそらく基本的に寒い場所は嫌う傾向があると思っています。

というのも、犬も人間もですが、寒く厳しい環境を基本的に好まないというものであり、冬場は暖かい環境が好きなのは同じだと思っているからです。

寒い環境は愛犬を確かに強くしてくれるかもしれません。

しかしよく考えてみれば、自然界の犬も冬場は群れてお互いを温め合うように寝るし、日向ぼっこをしたり、穴を掘るなどして寒さをしのげる場所を自分の巣にしたりしています。

体毛があるので、比較的寒さには強いでしょうが、寒いのが好きというわけでもないと思います。 そのため、室内で飼っている私たちの ラブラドール は人間と同じように、暖房の効いた暖かい部屋の中にいることがほとんどです。

もちろん夜寝るときは暖房を切りますが、彼の寝床を工夫しており、すっぽりと入れる洞穴タイプの寝床を冬は使用しています。 その中はふわふわの生地で周囲が囲われていて、さらに自分の体温で温まりやすく、居心地が良いようです。

彼は朝の寒い時間帯でも、家族は揃っているのに全くその洞穴ベッドから出てこようとしませんし、夜中に見てみても、ひっくり返って爆睡しています。

暖かく暗い洞穴の中が大好きなようです。 あえて愛犬のために暖房をガンガンにきかせているわけではありません。 もちろん私たち人間が暖をとるためにです。

夜中から朝方にかけて厳しく冷え込む時期は、やはり、犬も寒いの変わらないでしょう。

それが愛犬のストレスになるなら、寒くても快適に寝ることができるには、と考えに考えた結果、自然界で犬たちが暖を取れる環境を再現するのが望ましいという答えに行き着きました。

つまり、寒さをしのぐために、あるいは暖をとるために、穴を掘ってそこでじっとすることができるようにした、というわけです。 ところが、もし仮に外で彼を飼っていたとしたら、そのような環境を用意することは難しいばかりでなく、おそらく自然界で暮らしているよりも、冬場はきついものとなるでしょう。

それはもうご承知の通り、外で彼を飼っていたら、彼は穴を掘ることもできないし、群れの仲間と体をくっつき合うこともできないからです。

実際、私たち家族は人間のベッドや寝床には入ってはいけないのが、彼とのルールであり、それを徹底してきました。

つまりたとえいかなる寒い冬であっても、彼はたった1人で暖を取らなくてはならないということを、私たち家族は彼に要求してしまっているわけです。

「犬だから自力で頑張れ。」「犬は寒さに強いんだ。」 というような意見はやめて、彼の実態を調査してみました。 すると、ずるずると鼻水をいつも垂らしているし、以前も庭に移動して寒くなった季節に体調を大きく崩していたので、「やはり犬も寒いんだな。」と普通に考えるようになったのです。

甘やかしすぎという厳しい意見は、甘んじて受け入れるつもりです。

なぜなら私たちは、彼と、とっても長く居たいからです。 愛犬の寒さ対策は色々と、飼い主さんによって考えられています。 私たちの判断基準は、野生の犬との付き合いを望んでいるのではなく、ペットとして彼を受け入れており、彼のストレスを軽減し、元気に長生きしてくれることです。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応