ドッグフード の 適正量 と決め方 犬が太り過ぎのときはどう決めるべきか?

 ドッグフード の適正量と決め方 

〜犬の体重が重い、太り過ぎの時の餌の適正量とは〜

おそらく、愛犬の体重が重たい、重め、または太り過ぎ、というパターンがやはり多いのかなと感じます。

最近では犬を散歩する人がとても増え、私たちも日々、たくさんのワンちゃんとすれ違います。

日本で飼われるワンちゃんの多くは小型犬が多く、次に中型犬、そして大型犬には滅多にお目にかからないですが、出会うワンちゃんの多くは少しぽっちゃり気味の子たちが多いという印象です。

太り過ぎや、適正体重が超過してしまう理由には、餌の与えすぎが最も多くあるでしょう。 そして次に運動量が少ないということが多いでしょう。

しかし上述した内容から、あなたもすでにご存知の通り、運動量を増やしても体重がすんなりと減ってくれることは難しいものです。

基本的に体重が適正の範囲を超えている場合は、フードの量を減らすことが重要です。

まず餌の与えすぎになる原因として、私たちの体験から結論を言わせていただきますと、 ドッグフード の商品裏面に記載されている給餌の目安量がそもそも多すぎるという結論に至りました。

これは数年間にわたる餌の量と運動量、そして体重管理によって、私たちはそのような答えに行き着きました。

おそらく飼い主である誰もが、購入した ドッグフード の給餌量(体重別に書かれている餌を与える分量)をしっかりと守ろうとするし、守りたくなるものです。

なぜなら、愛犬は可愛いし、もし万が一のことを考えて栄養不足が起きと考えると、その方が飼い主さんにとっては気に掛かってしまう傾向があるからです。

そして、愛犬がとても欲しがっているから、餌の量が少ないのは可愛そう、という理由もあることでしょう。

しかしメーカーが目安や推奨としている餌の量は基本的に多めに設定されていることが多いのではないか、そう私たちは考えています。

これは決してメーカーに悪意があるわけではなく、きっとそのようなことは一切ないことでしょう。

おそらくメーカー側も、私たちの愛犬が栄養不足にならないようにと、気をつけてのことです。

私たちは海外産、国産、どちらの ドッグフード も試してみましたが、愛犬の適正体重を維持するには、やはりメーカーの伝えている目安量は多すぎるということを確認しました。

私たちは愛犬たちがとても若い時から、運動量だけは多めを心掛けていました。

運動量は愛犬のストレス解消、筋力の維持、筋力の増加、それに伴い健康の維持も実現してくれると思っていたからです。

事実、筋肉量は多い傾向となり、運動量も筋肉量の増加に比例して長めになっていきました。 ラブラドールは毎日数キロを、自転車で一緒に全力で走っていました。

冬場などは彼も走りやすいようで、平気で2から3キロは走ってしまいます。

例えば片道2キロを全力で走ったら、折り返して今度はゆっくりと自転車を漕いで、彼はジョギングで2キロの道のりを戻ったりしたのを、毎日繰り返していました。

片道2キロで足りない時は、さらに距離を伸ばしたりもしました。

だいたい平均して、合計4から5キロの運動を毎日していたのです。(そのうち半分は全力疾走です)

柴犬の場合も同じく長距離を走ることもしましが、彼の場合は特にボール遊びが大好きのようで、それをたくさんやってあげるようにしました。

とても多くの運動量を心掛けて、食べるフードもしっかりとあげて、しっかりとメーカーがおすすめしている目安の給餌量を与えていました。 すると、二匹の愛犬たちは、全く痩せる気配はなく、体重維持どころか、徐々に徐々に太っていきました。

私たちはしっかりと運動量を多くするように心掛けていたので、十分な運動量と豊富なフード量であることに満足していて、彼の体重の増加に気が付きませんでした。

とてもスローペースで体重は増えていき、ある時、獣医師さんの元で体重測定した時はラブラドールで5キロ、柴犬で1キロほどの体重増加が発覚したのです。

彼らの体重増加はわずか1キロでも大きなもので、例えばラブラドールが5キロも増えると、体系はぽっちゃりになり、脂肪で肋骨が隠れてしまい触れないようになります。(肋骨が触れることで愛犬の適正体重を割り出すことが可能です)

犬にとって肋骨を触っても、それを確認できないほど脂肪が付いている場合、すでに太り過ぎであると言われています。

この基準は私たち自身の経験からも適切なものだと思っており、肋骨はうっすらと見える程度の脂肪量が望ましいと感じています。

そしてうっすらと見えていた肋骨も、その姿を潜め、触ってもそれを確認することができなくなった彼は、さらに運動量が必要なのか?ということになりました。

これ以上の運動量を増やすのは、私たち人間側の体力と都合にも支障が出てくると思いました。

しかも散歩(運動)後の彼らは、ばったりと寝転んで、夜ご飯まで寝てしまっているほど、体力を使い果たしている状態でした。

よく考えても、どのような角度から考えても、愛犬たちの運動量はおそらく、他のワンちゃんたちに比べると倍以上の量があったのに、体重は増えていくばかり。

これはどう考えても、矛盾しているとしか思えませんでした。

私たちも自転車を全力で漕ぐなり、往復で長距離を歩き続けるので、彼らの餌の量をそのままの状態で体重を減らすとなると、さらなる運動量が必要となります。

これは不可能な選択でした。

なぜなら、彼らの運動量のために1日の大半を使ってしまうからです。

またもう一つ。 1日の大半を動き続ける生活が、毎日のように継続することが、体力的に困難を極めていたからです。

これ以上運動をさせてあげれない、どうしよう・・・・。

しかし、本来これ以上の運動が必要なのか?

そのような疑問も浮かびました。

そこで私たちは、体重と運動のバランスにもっと着目し、定期的に獣医師さんに診断を受けるたびに、体重と餌の量を調整していきました。

その結果、運動量は以前より少なくなりましたが、それでもしっかりと彼らが疲れる運動量を継続的に行い、餌の量は ドッグフード メーカーが各商品で推奨している量が10割とするなら、およそ6割ほどに減らしました。(ラブラドールの場合)

これはもちろん、あなたの愛犬に適した餌の量であるかは、定かではありません。

私たちのドギーライフ、つまり愛犬に私たちが求めている関係性、彼らの健康状態や、寿命、そして私たちの生活リズムなどを踏まえた上で、運動量と体重を設定し、それらを維持するための分量を見つけたからに他なりません。

とはいえ、かなりの運動量を継続的にしながらも、太っていくという餌の量は、やはり基本的に与えすぎだという実感があります。

しかしこのように慎重に、彼らにとって適正な餌の量を決定していったことで、結果的にですが、餌のコストがとても安く済むようになりました。

そして私たちはこの安くなったコストを利用し、より良質な餌に切り替えることにしました。

安くなったコストの分だけ、高いけれども良質なフードに変えることで、結局必要経費としては変化がしません。

そして、新しくした餌も、まずはメーカーが推奨する餌の量の7割程度から始め、そこから増減を繰り返し、適正な量を決めていきました。

結果的にやはり、推奨や目安の量の6割ほどになりました。(ラブラドールの場合) 犬は基本的に食べるのが好きで、彼らは食べ過ぎると太るだけでなく、炭水化物が多いフードであるほど、歯石や虫歯、糖尿病などの他のリスクを高めていく傾向があります。

また炭水化物が多いフードは、とても痩せにくい特徴があります。

あなたの愛犬の適正な餌の量を、飼い主であるあなたが見つけることは、とても重要であるばかりか、一度見つけると、それらのバランスはかなり一定に保ってくれることが多いというのが、私たちの実感です。

ご自身の素敵なドギーライフのためにも、愛犬の健康維持はとても重要です。 彼らが健康でいてくれるからこそ、私たち飼い主も笑顔になれる時間が増えるのですから。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応