ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

 フードの糖質量を徹底して低いものにすると、愛犬の糖尿病リスクを下げる助けになるでしょう。

多くの場合、糖尿病の発症のピークは中年以降(7〜9歳)だと言われています。

 ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

またオスの犬よりメスの方が2倍かかりやすく、リスクが高いとされているようです。

糖尿病になる原因としては、膵臓で分泌されるインスリンと言うホルモンが不足することで起こりやすく、それが老犬に近づくにつれて分泌量が衰える傾向があるからのようです。

しかし、インスリンは糖質摂取の場合に分泌されるホルモンであり、糖質を摂取しなかった場合はほとんど分泌されません。

人は長い歴史の中で、糖質を吸収するためにインスリンの分泌機能が高まっていると推測されますが、犬の場合はおそらく、人と同じような耐性を持っていない可能性が考えられます。

さらに、フードの原材料には糖質主体のものがとても多く販売されており、お米や小麦、ジャガイモなどの血糖値を急激にあげる食材がよく使用されています。

人間でもそうですが、糖質の摂取が高い上に、血糖値が急激にあげる食材を恒常的に食べ続けることで、糖尿病リスクは高まってしまうものです。

犬の場合、膵臓の機能が低下し、インスリンの分泌量が減ることが原因で糖尿病になるケースが圧倒的に高いと言われています。 これはすなわち、糖質摂取の過剰によって、膵臓の機能が疲弊したと考えられています。

膵臓の機能を低下させないためには、愛犬に糖質の摂取量を減らすことが、非常に有効に働いてくれるでしょう。 また糖質摂取は、愛犬をもっとも太らせやすく、脂肪が増えることで実は、インスリンがたとえ分泌されていたとしても、体内での作用が衰えてしまう傾向があるのです。

これはインスリン抵抗性といい、体内の脂肪が多くなるほどインスリン抵抗性が高まり、インスリンが出ても機能しないようになっていくようです。

 ドッグフード を糖質の少ないものに変えることで、体内の脂肪の蓄積を減らす効果が期待でき、また膵臓の機能低下リスクも助けることにもつながります。

 ドッグフード を選ぶ基準は、できれば80%以上が、肉類や魚類などのタンパク質を豊富に含む食材で構成されていることに加えて、フードのタンパク質含有量が30%以上から40%以上のものを選択すると良いと言えます。

また糖質の摂取を穏やかにする食物繊維が豊富なものも、とてもおすすめです。 愛犬に最適な ドッグフード がもし見つかれば、これらの病気のリスクを低減することにもつながり、結果的に医療費などを抑えることも可能でしょう。

そしてきっと末長い、楽しく健康的なドギーライフを楽しむことができると思います。

愛犬が健康でいてくれるからこそ、飼い主である私たちも安心して、彼らとの時間を過ごせるのです。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応