低脂肪 低カロリーの ドッグフード について

 確かに低脂肪と低カロリーの ドッグフード は、愛犬にとって健康的に良いように思えます。

しかし考慮すべきは運動量と体重の増減を観察している必要があると私たちは考えています。

もしあなたの愛犬が運動量が少なく、太り過ぎなら、低脂肪で低カロリーのドッグフードは良い選択となり得ることがあるでしょう。

低脂肪 低カロリーの ドッグフード について

しかし犬の体重はとても正直と思い得るほど、運動量と餌の寮に関係性があります。

これらのバランスが取れるようになると、体重はほど一年を通じて一定になるということが、私たちは体験的にあります。

そのため、もしドッグフードを変えようと思っていたり、あるいはフードローテーションのためにそれらを取り入れようと考えている場合は、愛犬の運動量を継続的に維持し、それによって体重変化がどのようになっていくか観察をすることが望ましいでしょう。

太り過ぎなら痩せていくことで、ある一定のところで体重の減少が止まることが多くあります。

次に痩せている、または適正体重であるなら、痩せすぎてしまうことがあるので注意が必要です。

低脂肪で低カロリーのドッグフードの多くには、水溶性の食物繊維が多く含まれていて、食べ応えはあるけれど、カロリーが低いというものがあり、特に肥満解消を目的に販売されていることが多くあります。

私たちのラブラドールも去勢をしていて、太りやすい傾向にあり、また太り過ぎを懸念しています。

そのため、食物繊維が豊富に含まれている低カロリーフードでカサ増しを試みています。 この場合も、運動量と餌の量、そして低カロリーの餌などを考慮して観察し、維持したい一定のところを心曲げています。

もちろん、雨が続いたり、あるいは忙しく運動に付き合ってあげられない時が続くと、体重は徐々に増加傾向になりますが、基本的なバランスを見つけると、運動量が戻ればやがて体重も戻り始めたりします。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応