絶対に気をつけたい ラブラドール のアレルギー反応

ラブラドール  のアレルギー反応 

 ラブラドール を飼っていると、時々彼の体調不良に遭遇することがあります。

私たちが特に原因として多かったのが、アレルギー反応による体調不良や異変でした。

もちろんご自身の判断ではなく、獣医師さんにすぐに相談や診察をしてもらうことが最善の策と言えます。

しかし、アレルギー反応やそれによる不調というのは、食べ物を気をつけることで、その多くを改善できたり、または解決に向かわせることが可能だと思います。

ここでは ラブラドール がどのような食材や原料で、アレルギーを起こしてしまいやすいか、それを私たちの体験をもとにご紹介していきます。

〜 ラブラドール に適さないであろう食材やフード原料〜

 ラブラドール に適さないかも知れない食材やフードの原材料があると感じざるをえないのが、私たちは経験上理解しています。

ただし、これらを避ければなんでも食べて良いということではないことに、しっかりと注意をしてください。

例えばチョコレートやブドウ、ネギ類のや破砕などは全ての犬種に共通した、危険な食べ物であることに変わりはありません。

これらは絶対的に避けることに加えて、ご自身で犬に食べさせてはいけない食材等をお調べいただけると良いかと思いますし、何かを与える時はネットの情報のみを頼りにするのではなく、かかりつけの獣医師さんのアドバイスを聞くことも重要です。

私たちが体験的に ラブラドール には適さないと思った食材は、主に炭水化物が豊富に含まれている穀類でした。

穀類というのはドッグフードの主原料としても多く使用されていることがあります。 特に実感として、比較的安価で大量生産されているドッグフードに多い傾向があります。

私たちの ラブラドール で特に症状が悪化したものが、小麦、お米でした。

これらの元老はドッグフードの原料だけでなく、ご褒美のおやつなどを与え続けても、アレルギー反応を引き起こしていました。

次に、顕著だった食物が大豆や大豆製品でした。 大豆は健康に良いというイメージが強く、ドッグフードやおやつなど、犬が食べるものに入っていても、何も問題がないように感じてしまいます。

しかし、大豆は ラブラドール だけでなく、柴犬にもアレルギー反応が見られ、口周りが荒れたり、できものができたりしました。

私たちの ラブラドール が上記の食材たちを食べて特に多かった症状が、耳垂れです。

耳から赤茶色の分泌物や液体が出てきて、それが気持ち悪いのか、首をブルブルと仕切りに降るようになったのです。

これを放置しておくと、耳を執拗に掻くようになり、外耳道が傷つき外耳炎になることがあるので、すぐに獣医師さんに診てもらうことが重要です。

また耳垂れの分泌物は、愛犬の耳の奥にたまりやすく、かつ掃除がしにくいものです。

奥に溜まった分泌物に菌が繁殖、相当な痒みを誘発することがあります。

それと同時に、原因となったフードやおやつを与えないようにすると良いでしょう。

これら小麦、お米、大豆などが愛犬に与えているドッグフードにあると、もしかしたらなんらかのアレルギー反応がすでに出ているかも知れません。

 ラブラドール は垂れ耳だから、「耳垢がたまりやすい」「湿りやすい、」という意見を私たちは多く聞いてきました。

実際、私たちの ラブラドール も耳の中がよく汚れていたものでした。

しかし、しっかりとフードを見直してからというもの、本当に ラブラドール のような垂れ耳の犬種は耳に汚れがたまりやすいのか、と思えてしまうくらい、改善してまいました。

とはいえ獣医師さん曰く、犬の耳の汚れや菌の繁殖は一度してまうと次もなりやすいようで、定期的に診てもらう必要があるようです。

このほかに、アレルギー反応が出てしまいやすい食材や、原材料、そしてそれらを避ける具体的な方法を、「犬の餌、ドッグフードについて」のページでご紹介しています。上記リンクをご覧になってください。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応