ラブラドール の暑さ対策 室内飼いの注意点について

 ラブラドール の暑さ対策とは

私たちの ラブラドール もやはり犬ですので、体毛に覆われており、暑い夏は苦手です。

暑すぎる室外は、非常に彼の体力を奪い、そしてストレス状態を高めやすいと言えます。

暑さ対策については、私たちは室内で ラブラドール を飼っているので、当然冷房を使用しますが、そのほかではベッドと、ブラッシングによって主に対応しています。

まずベッドについてですが、よくひんやり冷たいアルミ板みたいなものを、夏になると販売されているのを目にしますが、これは使用しません。

それがよくないという意味ではなく、アルミという特性上、結局体温によって、すぐに温まってしまうということが理由です。

アルミは熱伝導率が高く、これはつまり、温まりやすいし、冷めやすい、ということです。

冷めやすいという利点で、アルミの板は確かに愛犬を冷たくさせてくれるでしょう。ただそれが長続きしないというのが、私たちがこれを使用しない理由の一つです。

長続きしやすいのは、アルミほど一瞬の冷たさはありませんが、例えばマットの中身が空洞になっているものだと言えるでしょう。

空洞というのは、プラスチックの繊維が強く絡まっていて、空気がスースーと通りやすい仕組みになっているものをいいます。

これなら体温でたとえ温まっても、空気層がすぐに体温を逃がしてくれやすく、愛犬の熱がこもりにくいと言えます。

夏場は愛犬もつい冷たいフローリングに行き、寝がちになります。 そのため前足の肘のあたりに、寝だこを作ってしまいやすくなります。

私たちもこの原因に気がつくのが遅く、現在、寝だこの解消に取り組んでいます。この解消は、長時間に渡り、愛犬が寝やすいマットを使用してみること、それをケージなどにいれ、寝てもらうことなどを試しています。

そのため ラブラドール には犬の介護用のマットを使用しています。 彼は全く介護は必要ありませんが、空気が通りやすく、長期間よく寝てくれるようなものを探していたら、それが最適だったというだけのことです。

次にブラッシングですが、犬は夏毛と冬毛があり、それが入れ替わることを、あなたもご存知かもしれません。

この時、非常に多くの毛が抜け、室内で ラブラドール を飼うデメリットとしてまず代表的なのが、この抜け毛だと言えるでしょう。

 ラブラドール は短毛犬種で、よく似ているゴールデンレトリバーは長毛種に入ります。

「短毛だから毛の問題は長毛のゴールデンよりもないだろう・・・・。」

これは全く逆でした。

短毛であるといことは、最大限まで伸びたら抜ける、というサイクルをずっと繰り返します。

長毛種のゴールでも最大限まで伸びたら抜けるのですが、 ラブラドール は伸びる長さがゴールデンに比べてはるかに短いのです。

そのため、伸びては抜け、伸びては抜け、という繰り返しが、ゴールデンよりも非常に早いと言えます。 つまり彼らは、ずっと生え続け、ずっと抜け続ける犬種だとも言えるのです。

ピークが過ぎると抜け毛も収まりますが、それはとても短い期間です。

話は逸れましたが、 ラブラドール の暑さ対策には、この抜け毛がとても重要となると、私たちは実感しています。

ブラッシングでこれらの抜け毛をきれいにしてあげることで、無駄な毛で覆われていたのがなくなり、暑苦しさの軽減につながると思っています。

詳しいブラッシングの方法や手入れなどは後述および、他のページも述べますが、犬の毛にはトップコートとアンダーコートという二つの種類の毛があります。

夏や冬などの季節の変わり目で激しく抜け落ち、入れ替わるのはまずアンダーコートという毛になります。

これは抜けると、次に新しい毛が生えてくるのですが、ブラッシングをこまめにしていない ラブラドール は数年間分のアンダーコートが残っていることがあります。

そうです。抜けたらすべてきれいに入れ替わるのではなく、残ってしまうのです。

これは私たちも盲点でした。 犬の毛はごっそりと生え変わり、以前の毛はすべてなくなっているとばかり思い込んでいたのです。

これが私たち自身が考え得る、唯一のデメリットに思えます。

〜室内で飼う問題やデメリットは抜け毛〜

私たちが実感するに、 ラブラドール を室内で飼うことの最大のデメリットは、抜け毛であり、その処理や掃除にあると思います。 それ以外のデメリットは私たちは、全くと言って良いほど感じていないのが現状です。

その理由は、上述しましたが、愛犬の寿命を最も考慮して、ストレスの軽減に勤めているからであり、室内飼いはそれを最も軽減させてくれた要素でもあるからです。

 ラブラドール は、私たちの結論から言わせていただくと、室内飼い以外の選択肢が見当たりませんが、彼らの抜け毛は想像を絶するものです。

彼らは短毛種で、抜け毛のペースは非常に早く、常に生えては抜けているという状態だと言えます。

そして彼らの主な抜け毛であるアンダーコートは、ほぼ全てが抜けて生え変わりますが、すべてが体の外に出ていくことはありません。

抜け毛はシーズンをまたいで残ったままのことが多く、それを取り除かないと、一生、 ラブラドール は抜け毛が激しいままを維持してしまうでしょう。

このためには抜けた毛である、アンダーコートを毎シーズン取り除く必要があるのです。 それを可能にしてくれるのが、「ブラッシング」で、これは上述した ラブラドール の暑さ対策にもなり得るものと思っています。

アンダーコートは、体を外気から触れにくくさせるように、ふわふわとしている毛であることがほとんです。

冬毛になるとこのふわふわした毛は、夏毛よりもよりふわふわ感が増して、さらには多くなります。

夏毛になるとこれらが抜け始め、アンダーコートは比較的硬くなるというか、ふわふわした感じがほぼなくなっていきます。

しかし上述のように、ブラッシングを定期的にこなっていないと、このアンダーコートは残っていることが多く、夏場なのに、冬のふわふわしたアンダーコートが大量に残ってしまうのです。

 ラブラドール という短毛種の犬と言えど、これが溜まっていくことによって、体外に出している皮脂などの分泌がたまりやすくなり、雑菌などが繁殖しやすくなります。

繁殖した雑菌が炎症を起こし、皮膚病にもなるリスクがあるので、ブラッシングは面倒くさがらず、定期的に、しかもこまめにやった方が望ましいでしょう。

私たちも、定期的というよりも、週に3回はブラッシングをします。

これは余計なアンダーコートや既に抜け落ちているアンダーコートを早く、そして少ないうちに取るために、こまめにやるように決めたのが理由です。

ほとんどブラッシングをやっていなかった時期、特に子犬から成犬で2歳か3歳頃までは、全くその必要性を感じませんでした。

なぜなら、たまる毛もとても少ないからです。 しかし3年、4年となっていく、既に十分すぎる抜けがが溜まっており、シャンプーやシャワーをしても、それが邪魔をして汚れを落としにくくしていました。

そこでブラッシングを定期的に行うようにし、毎日のようにやるようにしたところ、生え変わりのシーズンはやはり抜け毛は多くなりますが、それ以外はほとんど、彼の抜け毛に頭を抱えることはなくなりました。

このブラッシングをしていないと、愛犬の抜け毛は常に、大量に、動くたびに抜けるような状態になります。 そしてその量はシーズン毎に増えていくばかりとなります。

またブラッシングを毎日のようにこまめにやる理由には、彼らの毛が溜まってきたときに、一気にやってしまうと、皮膚を築けてしまうことが多くあったからです。

ブラッシングしてもキリがないため、つい、同じところを何度もやってしまい、その結果、傷をつけてしまうというかわいそうなことをしてしまいました。

だからこそ、ブラッシングはこまめに、定期的に、できれば毎日のように、体全体を一周するだけでも良いと思います。

毎日のようにブラッシングを体全体に一周だけするだけで、不要なアンダーコートは徐々に減っていきます。 気をつけて欲しいのは、今日だけで終わらせよう、としないことです。

抜け毛との付き合いは、室内で飼うなら、当然のごとく覚悟しなくてはいけないし、たとえ外で飼っていても暑さ対策や、皮膚病を防止する意味でも、ブラッシングなどの手入れは全く不要とは言えないものです。

しかし、しっかりと毎日、あるいは2日に1回など定期的にやっていれば、私たちはこの唯一である抜け毛というデメリットも大幅に改善できました。

オススメのブラッシングは「フーリー」か「ファーミネーター」というものがオススメです。 どちらも海外生まれのブラッシングですが、簡単に両者の違いをお伝えしたいと思います。

〜 ラブラドール とフーリー(Foolee※1)ついて〜

私たちが最初に試したブラッシングが、このフーリーでした。

抜け毛が非常に多く、市販のブラッシングを色々と試したのですが、根本的に全く抜け毛の問題が改善されることはありませんでした。

そしてたまたま、 ラブラドール のリードか首輪の買い替えのためにあるホームセンターに行った時です。

びっくりするくらいの犬の毛をじゃんじゃんとブラッシングしてきれいに取っている宣伝用の映像を見たのでした。

それがフーリーとの最初の出会いです。

もうこれしかないという思いで、フーリーを購入し、早速ブラッシングをしました。

そしてありえないほどの抜け毛が取れたのを覚えています。

ただし、フーリーを使用する上で、愛犬の抜け毛があっという間に取れたことは何よりもの喜びでしたが、とても取れてしまうのと、最初はどこまでも取れてしまうので、同じ場所を何回もやってしまうことに気がつきました。

そして後述のファーミネーターと異なる点として、フーリーの方が刃が若干尖っているという点です。

これは不要なアンダーコートで覆われているときは、軽いタッチで毛の奥に入ってくれて、抜け毛をごっそりと取ってくれるので良いのですが、抜け毛少なくなってくるとやがて、体の皮膚そのものに到達してしまいやすくなりました。

この点を注意して利用すると、抜け毛処理はとても楽に、そして簡単に、時間も短縮して可能となります。

(※1フーリーおよびfooleeは、SSERTSON GROUPの登録商標です)

〜 ラブラドール とファーミネーター(FURminator®※2)〜

私たちがファーミネーターを ラブラドール に試したのは、フーリーを使用してから3年ほどが経過した頃でした。

フーリーのおかげで毎年大量のアンダーコートの抜け毛を処理し、以前ほど室内の抜け毛に頭を抱えなくなった時に、知り合いから紹介されたのがこのファーミネーターというブラッシング器具です。

こちらを試してみた最初の感想は、フーリーよりも抜け毛を処理しにくいのかな、という印象でしたが、圧倒的に違ったのは刃先の形にあると気がつきました。

フーリーは、若干尖っているのに対し、ファーミネーターは丸くなっており、自分の皮膚でブラッシングと同じように擦ってみると、フーリーよりも全く痛みがないことに気がつきました。

 ラブラドール は短毛種で、大量のアンダーコートが大幅に減ると、皮膚に直接的に刃先を当たってしまう可能性が高いのは、上述の通りです。

これは私がついフーリーを強く当てすぎてしまうと、そのようなことが起こりやすく、何度か愛犬の皮膚を赤くさせてしまうということがありました。

しかしファーミネーターは、丸みのある刃先のため、皮膚の赤みがほとんど現れることがありませんでした。

今では、大量なアンダーコートはフーリーで、それらが大幅に減ると、毎日の手入れはファーミネーターで、というように使い分けをしています。

これのおかげで、室内の愛犬の抜け毛は大幅に減り、生え変わりのシーズンまではほとんど抜けないという状態になりました。

何よりも愛犬の ラブラドール が、とても気持ち良さそうにブラッシングをさせてくれます。 きっと無駄な抜け毛があると、痒みが出るのでしょう。

犬は耳の裏や、首の下などを後ろ足で掻くことが多いですが、このかゆみの原因も大量に抜けたアンダーコートが残っていて、他の毛を絡ませていたり、雑菌が繁殖したりしてかゆみを伴っていると思っています。

またかゆみは尻尾を追いかけ回したり、後ろ足を噛んだり、校門付近を舐めたり地面に吸ったりとしています。

これらのかゆみも、ブラッシングこまめにしてあげるようになり、数が激減しています。

 ラブラドール の毛のお手入れには、フーリーかファーミネーターを定期的にやってあげることは、本当にオススメです。

毎日、体を一瞬してあげるだけで、劇的に飼い主と愛犬のストレスが減ってくれると思います。

 ラブラドール の毛の手入れ方法は、別ページにて詳細にお伝えしていますので、そちらを参考にしていただくと良いかと思います。

(※2ファーミネーターおよびFURminator®は、Spectrum Brands Pet LLCの登録商標です)

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応