スキップしてメイン コンテンツに移動

愛犬の健康を促進しやすい ドッグフード 原料とは?

愛犬の健康を促進しやすい ドッグフード 原料

ご自身の愛犬がどんなものを食べているか、 ドッグフード やおやつなどの原材料を見直してみたら、大豆や炭水化物といった原材料を主原料として使用しているケースは多いかと思います。

まずはこれらをできる限り少なくする努力や工夫が必要でしょう。

それだけで、もしすでにアレルギー的な反応があるなら、改善することが多くあるでしょう。

ただしアレルギー反応のある原材料をなくすことに加え、もし症状が出ているなら獣医師さんにみてもらうことを先決にしましょう。

では、どんな原料が愛犬の健康を促進しやすいのか?

私たちも実際に長い時間をかけて、そして愛犬の様子を見ながら、一つ一つ探り当ててきました。

その実体験と範囲内でしかお伝えできませんが、 きっと今の ドッグフード から変更を考えるときに、何かの基準やヒントになるのではと思います。

〜肉や魚が主原料のもの〜

まずは、私たちの体験からこれは優れていると思った ドッグフード 原料が、肉か魚が主体であるものでした。

そして最も優れているのが、穀物原料一切不使用のものです。  ドッグフード でも海外産、国産と色々ある中で、原産国は問わず優れていると感じています。

私たちは結果的に、ラブラドールは海外の ドッグフード を使用していますが、国産であっても穀物原料が不使用であるなら、きっとそれはアレルギー反応の出にくいものだと思います。

柴犬は、国産の ドッグフード を使用していて、穀物は入っていますが、主原料はたんぱく質の為、アレルギー反応が出ていないように感じています。

肉主体が良いか、それとも魚主体が良いかというのは、おそらく愛犬の趣向性にもよる部分はあるでしょう。

私たちは定期的にこれらを交互に与えたりもしていますが、肉と魚で感じた違いをお伝えします。

まず肉主体は、愛犬はとても元気になる傾向があります。

肉は食べるとアドレナリンやドーパミンを出しやすいと言えるかもしれません。

これらホルモンが出ることで、犬も人間も活動的になりやすいと言えます。

しかし問題は、これが過剰になることで、愛犬の自立本能を高めてしまうということを、私たちは体験しています。

つまり、いうことを聞かない、落ち着きがない、ルールを守らない、という問題行動を起こしやすくなるということで、私たちはそれを体験したのです。

必ずしもそうであるとは限りませんが、何度か繰り返し行ううちに、肉は元気になるけれど、彼らを興奮させやすいと思いました。

次に魚主体ですが、これはとても良い方向に愛犬を導くことができました。

DHAやEPAといった魚の脂は、副交感神経を優位にさせてくれ、性格的に落ち着きを取り戻す印象があります。

副交感神経は、愛犬のストレスや恐れ、不安といった精神的な部分を和らげてくれる助けとなるでしょう。

特に1人でお留守番をしなくてはならない場合、そのような環境(できる限り是正する必要がありますが)に愛犬を置かざるを得ないなら、魚が主原料のフードが良いと言えるかもしれません。

もちろん、それで全てが解決することはありませんし、できる限り愛犬と飼い主さんがそばに居られるようにする方が重要です。

これら肉と魚には違いはありますが、どれが適しているかは、飼い主さんが経過観察や出来るだけ一緒にいること、またよく様子を見てあげることが大切です。

ちなみに現在の私たちの愛犬は柴犬もラブラドールも、魚主体のものを使用しています。

〜タンパク質含有率が高いもの〜

 ドッグフード には、どの栄養素がどれくらいの割合で配合されているかという表記がされているものがほとんどです。

タンパク質や脂質がどれくらい含有されているかは、飼い主さんが気にしたいところです。

しかし、上述しているように、炭水化物が多い ドッグフード は避けた方が良いし、特に主原料に小麦やお米などがある場合は、見直すことを検討することを伝えてきました。

そして私たちの見る限り、その炭水化物が ドッグフード にどれくらいの割合で配合されているか、その表記がないのです。

私たち飼い主はつい、脂肪の割合が少ないものを選択しがちで、それが愛犬にとって良い傾向があると思っている場合があります。

しかし脂肪よりもアレルギー反応の可能性がある、炭水化物やその量に注目する必要があるものです。

その表記がないということは、どのような理由によるものかは不明ですが、主原料に穀物系が最初に書かれているものは必然的に炭水化物が多い傾向があります。

そのため原料欄の最初に、穀物類がないものを選ぶことくらいしか、私たちには選択する方法がないものです。

穀物が最初のものではなく、タンパク質が主体の原料が最初であることを確認すると良いと思います。

そうなると必然的に、炭水化物の含有量が抑えられた ドッグフード を見つけることが容易になるでしょう。

例えば魚、鶏肉などが最初の方に記載されているものを選ぶと良いでしょう。

そしてタンパク質の含有量と割合ですが、これが20%を下回らないものが最適だと思っています。

できれば30%に近いもの、最適なものは40%くらいにタンパク質の含有量があるものが望ましいと思います。

これは言い換えると、愛犬が食べた ドッグフード のうち、およそ半分程がタンパク質であることを意味しているものです。

このタンパク質の含有量が低いと、多くが炭水化物などを摂取していることにつながりやすく、愛犬のアレルギー反応や、あるいはそれによるストレス、虫歯、糖尿病などのリスクを高めてしまうことがあります。

特に ドッグフード のタンパク質含有率が30%以上になると、海外のこだわり ドッグフード の方が見つけやすいと思います。

上記の肉または魚が主原料であるものと、タンパク質含有率が高いものという二つを考慮しながら、愛犬への ドッグフード 選びにしてみると良いかと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい