ラブラドール の基本的な体重と体長(体高) 計測と適正の維持の方法

ラブラドールの基本的な体重

ラブラドールの基本的な体重は、 成犬のオスで29~36kgくらいで、メスだと25~32kgくらいだと言われています。

体高は成犬のオスが57~62cmほどで、成犬のメスは55~60cmほどになると言われています。

体高とは地面から肩(首の付け根あたり)の垂直な高さで、その計測はかなり難しいものです。

これらを正確にきにすることはほぼ必要ないと思っていますが、参考程度に記載させていただきました。

もっとも重要な要素がおそらく、ラブラドールの成犬になってからの体重であり、そのコントロールと言えるでしょう。

彼らはとても食欲旺盛な傾向があり、食べたい衝動が強いと感じています。

そのため、食べたいだけ食べさせていると、すぐに適正体重を超えてしまったり、例えば去勢などしていると、太りやすい傾向にあります。

適正体重は、体高によってもおおよそ決まってきて、当然体高が高いほど、その子にとっての適正体重は若干重めになるでしょう。

しかし、だからと言って、上記の体重のオスの36キロは、おそらくマックスギリギリではないかと思います。

もちろん体格差は同じ犬種でも異なっていて個体差があるので、一概に言えませんが、おおよその適正体重であるかどうかという計測の方法はあります。

〜愛犬の適正体重の計測方法〜

あなたのラブラドールが特に成犬の場合に、この方法は有効であり、実際に獣医師さんから教えてもらった計測方法になります。

あなたもどこかで耳にしたことがあるかもしれませんが、その方法とは、肋骨を触って、その凹凸がわかるか否かというの判断基準となります。

例えば肋骨が触ると、凹凸がわかる時に、体重を計測します。これがその子にとっておおよその適正体重と言えるわけです。

逆に、肋骨を触っても凹凸がわからない、判断しづらいというのは、すでに体重が超過気味であることを示唆しています。

このような時はフードの量を徐々に減らしながら、肋骨が触ってわかるレベルまで体重を落としたり、運動量を増やして行ったりします。

そして運動量と餌の量の変化によって、体重が減少していき、肋骨が触れるようになった時の体重が、その子のおおよその適正体重である水準です。

適正体重になると、ラブラドールを横から見ると、うっすらと肋骨が陰で見える程度になることがあります。

これは痩せすぎではなく、適正だという判断でよろしいと思います。

もし不安な場合はかかりつけの獣医師さんに相談してみると良いでしょう。

ただし冬毛になると、どうしても毛のボリュームが増していく傾向があり、肋骨が見えにくなったり、触りにくい時もあります。 このようになったら、適正かどうかを判断するのに必要なのが、実際の体重の数値になります。

できることなら適正体重を覚えておき、定期的にいく動物病院で体重を記録しておくと良いでしょう。

〜ラブラドールの体重は適正を維持できる〜

ラブラドールの体重は去勢していたり、運動量が少なかったり、餌の量が多くなると太りやすくなります。

私たちのラブラドールも去勢をしており、かかりつけの獣医師さんからは、おやつは与えないようにといつも言われています。

それだけ太りやすいといことに加えて、太るということは愛犬の健康状態に良い影響を必ずしも与えないから、というのが獣医師さんが私たちに注意する理由のようです。

私たちはトレーニング以外でおやつやご褒美は与えません。 そのためうちのラブラドールは基本的、1日に2回のフードのみです。

運動量も多い方ですが、雨の日などは外に一切出ることもありません。

それでも、適正な餌の量と運動量をしっかりと把握しておけば、愛犬の体重も適正を保つことができています。

適正体重を知り、そしてもし太り過ぎなら、フードの量や運動量を見直す必要があります。

そしてそれを見つけることさえできれば、愛犬の体重はほとんど変わらず、一定を維持しやすいというのが、私たちの実感です。 ちなみに私たちのラブラドールは体重が29キロから30キロをずっと維持しています。

愛犬の体重の適正化は、とても重要なことだと私たちは感じていて、それは時間はかかるけれど、決して難しいことではないものです。

私たちの方法があなたと、あなたのラブラドールに最適かはわかりませんが、愛犬の餌の量を決めるためと、適正体重を知る方法も紹介しており、フードを減らしたり、増やしたりする方法なども紹介しています。


コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応