ラブラドール の適正体重の測り方と体重管理方法

 ラブラドール の適正体重と測定について

 ラブラドール の適正な体重は個体差があるので、それぞれが異なりますが、一般的には27キロから36キロほども言われています。

かなりのブレはありますが、愛犬の体重がこの範囲にあるから適正だということではないというのが、私たちの意見であり考えになります。

愛犬の体重は飼い主さん自身が的確に判断することが必要で、これは平均的な数値や知り合いの ラブラドール の飼い主さんと異なって構わない要素だと思います。

たとえばフードの量も同じことです。 フードの量が各ご家庭で、各 ラブラドール で、各飼い主さんで異なっているのは当然であり、それは愛犬と飼い主さんとの(望む望まぬは関係なく)ルールとして成り立っていて、向き合い方でもあるからです。

これは例えばあなたが、自分の友達のご家庭と全く同じ食事量や内容にする必要がないのと、同じ道理だと言えます。 ご自身の栄養管理や食事管理は、自分で行うように、愛犬のそれも飼い主さん自身で行うことが重要だということです。

愛犬の適正体重は、まず愛犬の現在の体型によって判断できることがあり、それは肋骨が触れるかどうか、触れるならどこまで明確にわかるかなどの方法があります。

これは獣医師さんから教えてもらった方法で、多くの獣医師さんやメディア等でも紹介されている方法だと思います。

愛犬の肋骨を触れたら、それはおおよそ適正の範囲の体重であり、その体重をよく記憶しておくことが大切です。

そしてワクチンや狂犬病注射、ノミダニ、フィラリアの薬などで定期的に獣医師さんの元に行くときに、体重を計り、適正範囲内かを確認しましょう。

このように肋骨が触れられるかどうかで、愛犬の適正体重は異なり、肋骨をいつも触れられるフード量にとどめておく必要があるのです。

肋骨を触れた時の体重が、上記の範囲内であることは多いですが、体格差によっては肋骨が全く触れないのに、上記の体重内に収まってしまうこともあります。

しかしこれは触れない時点で、すでに愛犬にふさわしい適正体重は超過していることを示唆しているものです。

36キロ以上ではないから、まだ大丈夫とか、安心というわけではないのです。

肋骨が触れられる状態に、いつも導くことが重要です。 適正体重への落とし方は、フード量の適正化によってかなり容易に可能となるでしょう。

そしてそれを維持したり、あるいはコントロールすることになると、普段の運動量も考慮にする必要があります。

〜 ラブラドール の体重コントロールと管理方法〜

 ラブラドール の体重コントロールは、餌の量が判明した後は、普段の運動量の設定や変更が必要になります。

これは体重が減ると運動量が減るどころが、むしろ増加する傾向があるからです。

体重が減るとお腹が空いて動けないから、運動量も減ると考える飼い主さんはいるかもしれません。

しかし、そうではなく、運動好きの本性が開花し初めて、運動が好きになることもあるのです。 また運動を十分にさせてあげることが愛犬の健康と長寿には重要だと言え、増やす分にはできる限り飼い主さんも可能な範囲で増やせると良いと思います。

愛犬の体重が減ってきて適正の範囲にくると、体が動きやすくなるので、運動しやすくなります。

空腹感はきっとあるでしょうが、空腹感はしつけやトレーニングをしやすく、愛犬もわずかばかりのご褒美のために集中しやすくなり、頑張ってくれます。

運動量を増やしていき、体重が大きく減少するというケースはあまり体験的にないですが、万が一あなたの愛犬でそのようなことがあったら、獣医師さんに相談したり、運動量を減らすか、あるいはフード量を1割程度なり増やすかしても良いと思います。

決まった方法はなく、常に飼い主さんが愛犬と向き合い、様子を見ながら管理するしかありません。

運動量を増やしていくと、愛犬も十分だと感じるような量がわかるようになります。 動きやすい体で、どれくらいの運動量が必要で、フードの量は今のままで、適正体重を維持できるかを、常に観察していきます。

体重計に乗らなくても、肋骨を確認し、触れられる状態やレベルを確認しておくと良いでしょう。

また見た目も確認しておきましょう。

適正な体重が維持されていると、しっかりとした「くびれ」があるものです。 胴体にくびれがあり、うっすらと肋骨が見えているなら、その子は今適正な体重の範囲にあると言えるでしょう。

とても難しいように思えるかもしれませんが、適正な体重とそのコントロール方法は、基本的に与えるフード量が決まることで、ほとんど一定を維持してくれるようになると思います。

私たちの愛犬は何年間も、不思議なくらい適正水準を保ってくれています。 これは私たちにとって、体重が増えてしまうの原因はすなわち、食べ過ぎであるといことが、とてもよく理解できるものでした。

季節によって散歩や運動量が多くなる、少なくなるというのもあります。

例えば梅雨時期などは運動量が少なくなるでしょうし、夏場も暑さで長時間外にいるのも犬にとっては危険です。

体重管理は、このように季節によっても運動量が左右されるし、代謝も変わっていきます。

多少のブレは当然ありますが、肋骨が「見えない」「触れられない」体重になったら、体重コントロールが適正ではないことがいえ、フード量から見直すことが必要ですし、おやつなども与えないようにしたりする工夫が必要です。

また獣医師さんと相談しながら、フード量を決めたり、適正体重を管理できるようにしていくのも、とても良い方法です。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応