ドッグフード の適正量 犬の体重が軽すぎる場合のフード量とは

 ドッグフード の適正量 犬の体重が軽すぎる場合 

〜犬の体重が軽すぎる時の適正な餌の量〜

成犬で体重が軽すぎる場合は、運動量を増やすよりも、餌の量を見直すかあるいは、栄養素やカロリーの高いフードを選ぶことなどの選択が必要となるでしょう。

私たちのラブラドールも適正な餌の量を決めていく過程や彼に適したフード選択をしている期間において、彼の体重が減りすぎたことがあります。

彼がその時食べていたのはウェット(モイスト)タイプの ドッグフード でした。

ウェットタイプの利点としては、特に成犬になると太りにくく、そしてなおかつ、消化にとても良いため、一定期間試していた時期がありました。

消化器官の負担を少なくすることは、愛犬が運動をしやすい状態を作ることを助けます。

これは同時に、愛犬の運動量を増やしやすいことにつながり、例えば食後から散歩までの時間を短縮できたり、1日の散歩回数を増やすことも可能となるものです。

ウェットタイプのメリットデメリットや、私たちの体験的なエピソードは詳細なページがあるので、そちらも参照して欲しいと思います。

ウェットタイプは水分を最初から含んでおり、とても消化吸収が良く、犬の胃腸の負担がほとんどない素晴らしいフードであると思います。

しかし、水分を多く含んでいるのは良いのですが、栄養素が不足している場合があるという体験が、私たちにはありました。

食べても食べても、ラブラドールの彼は痩せていくのです。

体重減少がなかなか止まらないので、ウェットタイプのフードをやめて、以前のようにドライフードをふやかして与える方法に戻しました。

そうすると給餌量をさほど変えなくても、体重はむしろ増えていき、ある一定のところで止まりました。

このように犬の体重が軽すぎる場合は、ウェットタイプでは補えないであろう栄養素の高いフードにしたり、またフードの量を多くするなどの変更することで、改善が見られることがあるでしょう。

適正なフード量であるなら、体重は増加しても、それは止まることがあります。

止まった時の体重が愛犬の適正体重の範囲内に収まっているなら、そのフード量を維持しながら体重の増減を様子見ていくようにすると良いでしょう。

またそれ以外の理由で痩せすぎていることもあるので、獣医師さんの診断を受けることをお勧めします。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応