スキップしてメイン コンテンツに移動

太り過ぎた ラブラドール のダイエット方法

 ラブラドール とダイエットについて

 ラブラドール のダイエットは、とても重要だと私たちは考えています。 

それは上述でもしましたが、愛犬の健康維持と寿命に良い影響となることが多いからです。

もし太り過ぎた場合、 ラブラドール は胃捻転のリスク、運動不足、筋力低下、老化の亢進などが考えられます。

太り過ぎた場合はダイエットが大切であり、その多くの方法がフードや餌の量を減らすことでしょう。

食べることが大好きで、とても欲しがる傾向のある愛犬が、急に食べる量が制限されるとかわいそうだと思う飼い主さんも多くいると思います。

しかしこのようなひと時の感情によって、愛犬を様々なリスクに晒すことがあると思うと、果たして正しい判断となり得るかを、私たちも考え続けました。

私たちの答えとしては、適正体重やそれを維持するダイエットは、結果的に愛犬の幸福につながるというものです。

ダイエットは例え私たち人間でも簡単ではないように、愛犬にとっても簡単なことではありません。

もっとも難しいのは、飼い主さんの愛犬に対する愛情や思いやりと、自分がどう向き合うかにあると言えるかもしれません。

これは飼い主さんにとっての大きな障壁になるといえ、事実、私たちにとっても大きな障壁であることに変わりありませんでした。

私たちが実践してきた、 ラブラドール のダイエット方法を詳しくご紹介していきます。

〜 ラブラドール のダイエットは、フードの量を見直すこと〜

まず何をどう考えても、これを避けることはできないといのが、私たちの体験的事実と言えます。

 ラブラドール が去勢していても、そうではなくても、食べ過ぎればどんな愛犬であっても太っていきます。

もちろん運動量で痩せる可能性があります。 しかし、それは飼い主さんにとても大きな負担となる場合が多いと思います。

私たちも運動量を増やして、食べる量を変えないで実践してみたことがありますが、これは今までの倍以上の運動が必要となり、最終的に私たちの体力とそれに費やす時間が限界を迎えました。

さらに結果として、私たちの ラブラドール は運動量と2倍にしても、痩せるどころか、徐々に体重が増加傾向にありました。

 ラブラドール のダイエットを、非常にスムーズかつ容易にするには、餌の量を減らすことをまず先に検討することがおすすめと言えます。

まだあなたは愛犬のフード量を減らすことに、抵抗があるかもしれません。

しかし、私たちの体験的事実からすると、そもそも、メーカーが指定(推奨)しているフード量が、本当に適正なのか?という点です。

ドッグフードを購入すれば、その裏面などにそのメーカーが推奨しているフード量が記載されていることがあります。

これは多くは体重別となっていて、与えるフード量がグラム単位で表記されているものがほとんどです。

始めの最初のうちは、「そうかこれが与えなくてはならない量なのか。」というように思ってしまうことが多くあるでしょう。

当然、まだまだ成長期で生後1年未満の ラブラドール には、その量が必要でもあり、与えたとしても太りにくい傾向があります。

なぜなら、彼らはそれを全て自分の成長に変えていくからであり、まさにその時期だからです。

しかし1年が過ぎ、2年となると、これは全く異なる様子を帯びていきます。

これは私たち人間でも同じことが言え、成長ホルモンの分泌がピークを過ぎた20歳以降になると、これまで食べていた量では太りやすくなったりします。(犬は1年くらいでこれを迎えるしょう。)

さらに問題は、多くの成人の方がすでに体験していることでしょうが、「痩せにくい」という時期に入ることです。

食事量を制限しないで、運動量を増やしても、体重が重くなり、体格も大きくなる傾向となります。

これは今までの体に筋肉だけが増えた状態だと言え、過剰な栄養は脂肪の蓄積と、筋肉量の増加を招きやすくします。

私たちの愛犬も全く同じようなことが起こり、体格が大きくなっていき、筋肉量も増えたのですが、一番落としたいはずの脂肪が全く減ることがなかったのです。

その理由も、上記の通り、フード量を多く与えていて、その上に、運動量を増やしたからでした。

 ラブラドール の太り過ぎの問題を解決するには、まずフード量の適正を見直す必要があり、それがもっとも近道だというのが、私たちの最終的な答えであり、見解となります。

そして、そもそもメーカーの指定している推奨量は、「与え過ぎ」であることも明確にわかりました。

〜 ラブラドール の適正なフード量とダイエット方法〜

愛犬のダイエットはフード量の適正化からはかり、それをダイエットの主軸にしていくほうが望ましいと考えています。

そしてこれは経験値ですが、国産ドッグフードと海外産ドッグフードをいろいろ試した中でも、私たちの ラブラドール が適正体重となり、それを維持する量というのが、メーカー推奨のほぼ半分程度であることがわかりました。

厳密にいうと、半分よりも少しだけ多めということになりますが、6割を超えることはない量でしょう。

最初は1割かそれ未満という量で、少しずつ減らしていきましたが、ほとんど効果はなく、非常に時間がかかるだけでした。 そこで、半分くらいにしてみて、徐々に増やしていくのはどうかと考えました。

今までのフード量が急に半分になるのは、愛犬もさぞビックリしたでしょうが、私たち自身がこれ以上の時間と距離、運動量を増やすことに限界があったので、早急に適正な体重を見極める必要があったのも事実です。

半分にすると、1ヶ月ほどで体重と体型に大きな変化が訪れ、動物病院で体重を測ってみたら適正の範囲に収まっていました。

適正体重を見極めるには、愛犬の肋骨が触ってどれくらいわかるかというものです。

これまで触ってもかすかに、いや、ほぼ明確にはわからなかった愛犬の肋骨が適正体重と同じ感触がするようになりました。

フード量を半分にし、体重は減り、運動量は変更しない(多くなり過ぎた分はカット)で、さらに様子をみてみることにしました。 そうすると、愛犬の体重はなんと一定にとどまり、適正体重を減ることはありませんでした。

これは成長ホルモンの分泌ピークが過ぎ、運動量を一定になり、適正なフード量の範囲に収めることができたことを示唆しているものでした。

私たちはそれから数年間、フード量を一切変更することなく、そして愛犬は適正な体重を今も保ってくれています。

可哀想だという思いを抱えながら、フードを半分にした時は迷いがありましたが、人間も太り過ぎていたら、食べる量を減らす必要があるのは同じです。

しかし体重が適正の範囲に到達すれば、愛犬はより動きやすく、そして健康になってくれました。

これについても、人間も同じだと思います。 そして後になって気がついたことですが、フードの量が半分になるということは、必然的に便の量も半分になります。

私たちの愛犬はこれまで、2倍の量の排泄をしており、それを我慢していたことになります。

便の量が減ることで、愛犬もトイレの時間まで楽になり、たとえ1人で留守番していても、長時間は便意をもよおしにくくなります。

便の回数も2回から多くて3回になり、運動量も適正になると、全てスッキリと出し切ってくれます。

便の量は実は、フードによって大きく量が変ります。 例えば多くなるドッグフード、逆に少なくなるドッグフードと、本当に様々なものがありました。

フードを変更する時は、この便の量も確認しておくと、愛犬の便の回数と量がどれくらいで、どれくらい我慢していて、どれくらいが限界なのかの判断もつきやすくなります。

 ラブラドール のダイエットは、まず、現在のフード量を見直すことがもっとも優先順位が高いと思いますし、もっとも効果的だと思います。

またフード量を減らしても、その分、おやつなどを与えているとあまり意味がありません。 フードやおやつが減ると、愛犬はきっと困惑するでしょうが、ここも重要な見極めの部分となります。

例えば吠えるようになったたり、要求するような吠え方や、暴れ方などをしたら、それはフードやおやつがただ欲しいだけで「言うことを聞いてやっていた。」という関係性であることを示唆しているものです。

これは主従関係が成り立ったものではなく、むしろ主人は、愛犬である可能性が高いとさえ言える状態です。

このような状況になると、飼い主さんとしてやるべきことは、しつけというものが増えてくるでしょう。

愛犬は空腹で、お腹が空いて吠えたり、要求していると思っている飼い主さんは多くいらっしゃいますが、それは違う可能性が高いと言えます。 愛犬が飼い主さんに、命令をしている状態と言えるのです。

通常、餌やおやつを「与えてあげる」のは、飼い主さんです。 しかし主従関係が逆転していると、飼い主さんが餌を「与える役目」「与える係」として、愛犬は認識していることが多くあります。

いつもの時間におやつがこない、いつものご飯量より少ない、これを受け入れることができないのは、愛犬からすると飼い主さんが自分に果たすべき役目を果たしていないと勘違いしており、命令しているとも言えます。

その命令が犬の習性からすると、「吠える」ことであり、要求吠えや暴れたりすることで表現しているということです。

要求に答えれば、愛犬は「そうそうそれでいいんだ。」とまたさらに勘違いな認識を深めるでしょう。

要求吠えをフードやおやつの量や回数の変化でするようなら、それはいつ要求吠えがしてもおかしくなかった状況だと言えます。

要求をしないのは、要求がピークになる前に、飼い主さんが応えていたから可能性もあります。

要求をしても一切答えないようにする、精神力が試されるかもしれません。 要求が止まらないなら、ハウスに入れて周囲を囲い、見えないようにするなど、主従関係のしつけのやり直しも余儀なくされるでしょうし、実は私たちもそれを繰り返し行ってきました。

色々な問題があるでしょうが、愛犬の適正体重を保ち、健康を維持するためにも、フード量は考えるべき項目であると思います。 フードの量は異なることが多く、私たちの ラブラドール の適正量が、あなたの愛犬の適正量であるとは限りません。

あなたなりの見つけ方で、愛犬を適正体重に導いていただけると、良いかと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい