犬の健康状態を良くする ドッグフード の原材料とは

 健康と食事の内容の関係は運動よりも強いといえ、特に免疫を過剰に反応させるアレルギー物質などを常に食べていると、身体ストレスは多くなり、それは直接的に健康に結びついていきます。

犬の健康状態を良くする ドッグフード の原材料とは

あなたの愛犬が毎日食べる ドッグフード は、数ヶ月や数年間、同じものを食べることが多くあるでしょう。

毎日食べているものによって、愛犬が多大なストレスを受け続けているか、それともそうではないか、これはとても深刻なことであり、飼い主さんは真剣に考えた方が良い部分だと思っています。

犬の健康状態は総合的に決まるものですが、とても多くの部分を占めるのが、 ドッグフード であり、食事であると思っています。

ここでは、どのような原料が含まれている ドッグフード が効果的だったか、体験を元に余すことなくお伝えしています。

あなたの愛犬の健康と、幸せな一生に、これからのお話がほんの少しでもお役に立つ機会があったら、それはとても幸福なことです。

犬の餌、 ドッグフード には犬に適さない原料があった

もし愛犬がその生理的な部分において、適していない食べ物を毎日摂取していたとなると、これは大きな問題になるかもしれません。

愛犬は言葉が話せないので、私たち飼い主は声なき声に耳を傾ける必要があり、そしてそれは、とても功を奏することがあります。

愛犬に適していない ドッグフード やその中に含まれている原料を特定することは難しいことです。 しかし、愛犬の身体の変化を注意深く観察していくと、それが何かが判明したりもします。

私たちがこれからお伝えする原料には、おそらくほとんどの犬種に共通する部分があるものだと思います。

なぜなら、私たちが長期にわたり、何度も試し、そしてやはりこれは良くない、これは良いという判断をしてきたものであるからです。

そして問題は、そのような犬にあまり適していない原料が、 ドッグフード の主原料として使われていることが多くある点です。

食べても問題はないけれど、食べ続けていると徐々に愛犬に異変が起こり始める現象を、私たちは何度も見てきました。

あなたの愛犬に適した ドッグフード を見つけるための、何かのヒントにして頂けると幸いに思います。

愛犬の健康に良くないであろう原料は、まず大豆だった 私たちの体験では、愛犬の健康に良くなかった代表的なものが、大豆製品や大豆由来、または大豆が多く使われている ドッグフード や、おやつを含めた犬関連の餌でした。

もし、あなたの愛犬が何らかの健康異常があるとき、すぐにフードの原材料を見てみてください。

もしかすると大豆系の減量が豊富に使用されているかもしれません。

 ドッグフード で健康に良くない原料、小麦や米などの炭水化物が多いもの

 ドッグフード で多くある原料の一つが、この炭水化物だと言えるでしょう。 そしてこれは、必ずしも愛犬の健康を増進してくれる原料とは限りません。

多くの飼い主さんは、どの ドッグフード にも主原料として使用され、ありふれた存在だと認識していることが多くあります。

しかしありふれたものだからと言って、それが良い、という判断には常に結びつかないものです。

小麦や米などの、炭水化物と言われる原料がなぜ?愛犬の健康によくないと考えられるのか?

愛犬の健康を促進しやすい ドッグフード 原料

ご自身の愛犬がどんなものを食べているか、 ドッグフード やおやつなどの原材料を見直してみたら、大豆や炭水化物といった原材料を主原料として使用しているケースは多いかと思います。

しかし、それはあまり犬の健康を促進することに最適な原料ではない可能性があります。

一方で、犬の健康に良いものもあると考えます。

私たちの体験では、それをより良い形で導き出せたのではないかと確信しています。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応