子犬の時から 餌台 (フードスタンド)を使うのもおすすめ

 今となってとても後悔していることですが、子犬の頃から 餌台  (フードスタンド)を使っているべきだと感じました。

大型犬などラブラドールのような食欲が旺盛な大型の犬種は、とても多くの空気を含ませながら食べてしまう傾向がありました。

子犬の時から 餌台 (フードスタンド)を使うのもおすすめ

その結果、空気が大量に入ることが日常的に続き、胃捻転の疑いで救急動物病院にまで行きました。

胃カメラを飲んでわかったのですが、胃袋が空気でとても大きく伸びていたのです。

 餌台 (フードスタンド)を使ってからは空気を飲み込むこともなく、すっかり完治しています。

 餌台 (フードスタンド)は高さ調整でき、体が大きくなっても最適な高さに保てるものがおすすめです。

高さが調整できる 餌台 は、当時の私たちでは市販のもので見つけることができなかったので、自作して使用しています。

高さが調整できるような 餌台 があり、それがあなたの愛犬にとって最適な高さを実現できるなら、とても素晴らしいことです。

そして高さを調整できるメリットには、子犬期から成犬までずっと使用できるということです。

子犬期は当然、成犬とは異なり、体格は小さく、必要な 餌台 の高さも低いものです。 しかし高さが調整できないと、成犬の時期には低すぎてしまうことがあるので、買い換える必要が出てきます。

そこで、高さを調整でき、成犬時のことまで考えて購入することによって、問題なく食べやすい環境を実現できることでしょう。 私たちが実際に使用している 餌台 の写真をご紹介します。

柴犬用の低めに設定してある餌台
柴犬用の低めに設定してある 餌台 

ラブラドール用に高さを高めに設定した餌台
ラブラドール用に高さを高めに設定した 餌台 

子犬の時期は腹圧が高く、食後に多くの空気を飲み込んだとしてもゲップで出してくれることが多くあります。

私たちの愛犬のラブラドールもそのような感じで、子犬期には大きなゲップを食後に何度かしていました。

しかし、人間では想像できないほどの空気の量を、子犬たちは飲み込んでいることが多く、私たちはそれに気がつくのにとても多くの時間を費やしてしまい、今更ながらに後悔しています。

子犬時期であっても、空気をお腹に入れ込まないようにすることや、食べやすいようにしてあげる工夫をしてあげることは、とても重要だと思います。

これはドッグフードや餌だけでなく、水を飲む場合も同様で、おそらく水の方が大量の空気を飲み込むリスクがあると思っています。

これらの工夫は少し面倒で、周囲の飼い主さんに話を聞いても、おそらく実践していない方も多くいらっしゃることでしょう。

しかし、それをすることで、その子の命を守ることに、かなり直結的につながることだと実感しています。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応