スキップしてメイン コンテンツに移動

ドッグフード の与え方 体重と量 子犬への与え方など徹底解説

 ドッグフード の与え方 体重と量 子犬への与え方など徹底解説

 犬の餌, ドッグフード の適正量&回数とは

実を言いますと、私たちは ドッグフード の量を、記載されている量より少なく与えています。

これはかわいそうと思うこともあるでしょうが、何度も何度も、数ヶ月、数年と渡って彼らの体重と運動量を分析し検証を重ねた結果、私たちは規定とされている量よりも少なくすることを決めました。

これがあなたのワンちゃんに適しているかどうかは、飼い主であるあなたが責任を持って決めていただければと思います。

犬の餌や ドッグフード の量を決める為の基準は、実はメーカーによって大きく異なり、カロリーで計算する場合もあれば、栄養素などで計算していることもあるでしょう。

もちろんそれがそのまま、あなたの愛犬に適した量であるとは限らないものです。 どのみち飼い主である私たちにとっては、愛犬が何をどれくらい欲しているかを知る手立てはなく、 ドッグフード の各メーカーが記載している分量を与えることくらいしかできないことが多いでしょう。

私たちもそれを信じて、規定の量を与えてきましたし、それが正しいと思っていました。

しかし、あなたのワンちゃんを誰よりも近くで見ているのは、あなた自身のはずです。愛犬の餌の適正量を知ることができるのも、飼い主であるあなた以外に、正確に求めることができないと言えるでしょう。

決して ドッグフード メーカーの設定している推奨量が間違っているというわけではありません。

ただメーカーは、詳細にまでそれを知る手立てがないだけです。(ワンちゃんごとに運動量も適正量も違うため) その為、必要な栄養分が不足するよりかは、少し多めで充足している量を設定している傾向があると考えられます。

あなたの愛犬の適正な餌の量は、愛犬の体重や運動量などを観察していくことによって、フードの適正量を見極めることは可能だと思います。

また長期的にみて、愛犬の健康や体調なども考慮するなら、フードの適正量をしっかりと見極めることはお勧めです。

犬のフード量を決めるには、いくつかの基準や目安があります私たちも最初はパッケージ記載されている通りに、餌の分量を毎食与えていました。

 ドッグフード のパッケージ裏面などに記載されている給餌量の目安というのは、体重による計算がほとんどだと思いますが、忘れてはいけないことが、体重は増減してしまうことです。

例えばすでに太り過ぎなら、体重別のフード量を与えると、さらなるフード量の超過と与えすぎになる事態を招きます。

またすでに痩せすぎていると、十分な栄養素を与えることが困難な量になってしまうでしょう。

このように餌の量を決めるには、体重によって決まるのではなく、あくまで愛犬の適正体重がどれくらいかを知り、その範囲を維持できるような量を定めていく必要があるのです。

適正体重には犬種の差に加えて個体差があります。 愛犬の適正な体重を知るには、信頼のおける獣医師さんの意見を聞くことがおそらくもっとも良い方法になるでしょう。

しかし獣医師さんの中には、まだまだ大丈夫だという人もいれば、体重管理にとても厳しい獣医師さんもいます。 私たちの愛犬たちの獣医師さんは、どちらかというと体重に厳しめの先生なので、その方の意見も大いに参考にしています。

その中でも私たちが特に気にしている方法を、一つご紹介します。

詳細はこちらへ ドッグフード 量を決める基準はこれ!体重、運動量 、増加傾向などが【最重要】

 ドッグフード (犬の餌)を計量カップで計算する

犬の餌の量をいつも重量で計ったりするのは、少し手間がかかるものです。そのため、私たちは計量カップを使って、カサと重さを把握することで、簡単に計算する方法をとっています。

 ドッグフード を計量カップで測る場合、カップごとによって量や重さが変わってくることがとても多くあります。 そのため ドッグフード を変えたとしても、計量カップを変えない方が良いと私たちは考えています。

そしてこれを知っておくことによって、愛犬の体重を適正に保つことを助けてくれます。 これはとても重要なことだと、私たちは感じています。

詳細な内容はこちらから愛犬の体重を「適正」にする ドッグフード の計量カップ実戦方法を解説

子犬の ドッグフード や餌の与え方や量(適正量)

子犬の適正な ドッグフード や餌の量は、とても難しく、私たち自身も苦労した体験があります。

子犬の時期というのは、彼らが成長期でかつ、餌をふやかしたりする手間が必要だったりします。

さらに、成犬に近づくにつれて(私たちラブラドールは生後4ヶ月くらいで)ドライフードに変えていくように指示されることが多くあります。

これがとても難しいと感じ、悩みに悩みました。

ここでは私たちが体験的に得られたお勧めの子犬の ドッグフード や餌の量や給餌方法をお伝えします。

詳細はこちらへ子犬の ドッグフード や餌の与え方や量(適正量)

子犬の時から餌台(フードスタンド)を使うのもおすすめ

今となってとても後悔していることですが、子犬の頃から餌台(フードスタンド)を使っているべきだと感じました。

大型犬などラブラドールのような食欲が旺盛な大型の犬種は、とても多くの空気を含ませながら食べてしまう傾向がありました。

その結果、空気が大量に入ることが日常的に続き、胃捻転の疑いで救急動物病院にまで行きました。胃カメラを飲んでわかったのですが、胃袋が空気でとても大きく伸びていたのです。

餌台(フードスタンド)を使ってからは空気を飲み込むこともなく、すっかり完治しています。

餌台(フードスタンド)は高さ調整でき、体が大きくなっても最適な高さに保てるものがおすすめです。

詳細はこちらへ子犬の時から餌台(フードスタンド)を使うのもおすすめ

4ヶ月や5ヶ月の子犬の ドッグフード (餌)の量

4や5ヶ月の子犬期の ドッグフード や餌の量は重要だと感じています。 と言うのも、この時期に太らせてしまったり、あるいは栄養が不足することは成長にも大きく影響することがあるからです。

ここでは、子犬期に重要な ドッグフード の量などについて、ご紹介していきます。

成長期の栄養面でとても重要でありながら、与え過ぎなどにも注意が必要になります。

私たちの体験から、その注意点や詳細な内容をご紹介します。

詳細はこちらへ4ヶ月や5ヶ月の子犬の ドッグフード (餌)の量

犬や子犬に ドッグフード や餌を大量に与えた時のリスク

 ドッグフード や餌を大量に与える時のリスクには、健康的なリスクに加え、主従関係にも影響することが考えられます。

健康的なリスクでいうと、太り過ぎや、それによる病気リスク、そして胃捻転などがあるでしょう。

主従関係のリスクとしては、無駄吠え、要求吠え、噛みつき、そのほか飼い主さんが望んでいない問題行動といったものや、トラブルが考えられるでしょう。

問題行動を起こしてしまうのは、飼い主さんと愛犬との主従関係が逆転していることが要因として考えられます。

私たちも全ての問題行動を解決したわけではないですし、目を離したすきに、悪さをしてしまうこともあります。

そのため声を大にして、あるいは自信を持ってお伝えしかねる気持ちもあるのですが、犬や子犬に大量に ドッグフード を与えすぎることは、問題行動を助長する可能性を高めるということは、体験的も実感的にもそうだと思っています。

最初に、 ドッグフード を大量に与えすぎた時の健康面でのリスクを、私たちが実際に体験したことを中心に、詳細にお伝えしていきます。

詳細はこちらへ成犬や子犬に ドッグフード や餌を大量に与えた時のリスク

怖いのが胃捻転のリスク

私たちは ドッグフード や餌を子犬や犬に与えすぎるのは危険だと考えています。 もっとも怖いのが胃捻転のリスクで、これは飼い主さんの全く気がつかないところで起き、胃捻転をしたら数時間後には息を引き取ってしまうほど怖い症状の一つです。

胃捻転は簡単にいうと、胃袋が体内でくるっと回ってしまうことを言います。

詳細はこちらへ ドッグフード の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクを解説

 ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

フードの糖質量を徹底して低いものにすると、愛犬の糖尿病リスクを下げる助けになるでしょう。

多くの場合、糖尿病の発症のピークは中年以降(7〜9歳)だと言われています。

またオスの犬よりメスの方が2倍かかりやすく、リスクが高いとされているようです。

糖尿病になる原因としては、膵臓で分泌されるインスリンと言うホルモンが不足することで起こりやすく、それが老犬に近づくにつれて分泌量が衰える傾向があるからのようです。

詳細はこちらへ ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

主従関係のリスク

犬は食べ物で主従関係を変えやすいと言えるかもしれません。

 例えば、いつも餌を与え、散歩に行くお母さんよりも、何もしないお父さんのいうことをよく聞く、ということはよく耳にするし、私たちの家庭でもそれは起きていることです。

では何もやらなくていいのかというとそうではなく、餌や ドッグフード を愛犬が満足になるように与えないことが重要だと言えるでしょう。

犬の満足はイコール、要求に応えてくれたということを意味していると言えます。

詳細はこちらへ ドッグフード の与え過ぎによる、主従関係のリスク!改善方法まで解説

 ドッグフード や犬の餌の回数を減らすには?

具体的な減らし方とは  ドッグフード や餌の回数は減らすと良いこともあります。

しつけ、主従関係、そして健康に対して、きっと多くのメリットがあるでしょう。

しかし、急に ドッグフード や餌の回数を減らすと、主従関係が逆転している愛犬と飼い主さんとの関係である場合、愛犬が吠えたり、暴れたりなど要求や反抗が強くなることがあります。

私たちの体験をもとにお伝えしたいと思います。

詳細はこちらへ ドッグフード の与え過ぎによる、主従関係のリスク!改善方法まで解説

犬の餌を決まった時間(同じ時間)に与えるメリットデメリット

決まった時間に犬に餌を与えることにはメリットとデメリットがあり、それらは、まず飼い主さんにとって都合の良いことが多くあることでしょう。

デメリットとしては、それによって気がつかないうちに主従関係が逆転している、と言うことが挙げられます。

決まった時間に与えることに対して、あまり深く考えたりしない飼い主さんもいらっしゃるでしょうし、私たちは逆に考えて頑張ってみたけれど、結局決まった時間に与えるようになったというパターンです。

結果的には、同じ時間に餌を与えることは、主従関係がしっかりとしていることで、デメリットの部分は回避できることがわかりました。

しかし、犬が言うことを聞かなくなる原因の一つにもなっている可能性があり、それには犬の性質というものが深く関係していると私たちは考えます。

詳細はこちらへ犬の餌( ドッグフード )を決まった時間(同じ時間)に与えるメリットデメリット

犬の餌の時間をバラバラにして与えるメリットデメリット

犬の餌の時間をバラバラにするメリットは、主従関係を改善するメリットがあるでしょう。

またデメリットとしては、私たち飼い主である人間側が、これを継続することが難しいことです。

犬は食べ物に対する記憶をしやすく、それは強烈なものだと言えます。 食べる時間が同じだと、すぐにそれを覚えてしまい、時間になると飼い主さん「おーい。忘れていませんかぁ?」と吠えたり泣いたりと要求するようになるものです。

以下のリンク先では、餌の時間をバラバラに与えることについて、詳細にご紹介しています。

詳細はこちらへ犬の餌の時間をバラバラにして与えるメリットデメリット

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい