スキップしてメイン コンテンツに移動

【大切!】子犬の ラブラドール の餌と水の与え方を徹底解説

〜子犬の ラブラドール の餌と水の与え方〜

子犬の ラブラドール に対する餌と水の餌の与え方は、もしかすると常識的な意見と異なる部分が多いかもしれません。

実は私たちも常識的に水と餌を与えていたのですが、とても後悔してしまったというエピソードがあります。

結論から言いますと、 ラブラドール に餌や水を与える時、彼らが飲み込みやすいように工夫する必要があるということです。

これをしなかっただけで、私たちの ラブラドール は命の危険さえ抱えたことがあるのです。

それが胃捻転という症状です。 胃捻転とは胃が拡張し、その胃の中に大量のフードや空気が入り、激しい運動をした時などに発症するもので、胃袋がくるりと体内で一周してしまうという怖いものです。

そして胃捻転を発症した犬は、数時間以内で命を落とすという、とても怖い症状の一つなのです。

彼らは口の構造と、とても旺盛な食欲から、早食いの傾向があり、空気を多く飲み込みやすい傾向があります。

また胃捻転は大型犬のような胸の深い犬種で起こることが多く、また大型犬は腹圧が小型や中型けんと違い低いため、空気が胃の中にたまりやすいという特徴があります。

餌や水を飲み込む機会は、1日に数回あるものです。

この度に空気を大量に飲み込み、それがずっと胃の中に残っていることが多く、その上からさらに空気やフード、水などを飲み込むわけです。

胃袋は徐々に、本当に気がつかないくらいのペースで拡張し伸びていきます。 実際に私たちの ラブラドール は、食後は妊娠したのかと疑ってしまうほどお腹がパンパンになり、やがて戻らなくなりました。

空気を飲み込みやすいのは、大きな口と早食いと、そして床に餌入れや水入れを置いて飲み込ませることが原因でした。

この他に注意したいのは、餌台で高さをつけていたとしても、高すぎることで、空気を飲み込みやすいことです。

この適正な高さは体格によって異なるものですが、だいたい、頭が喉よりもほんの少し上くらいが良いと思います。

あるいはマズル(口元のこと)と喉と胴体が水平になるくらいの餌台の高さが良いでしょう。

詳しくは「犬の餌台について」という部分で、私たちなりの方法をご紹介していますので、ご覧になっていただくと良いかと思われます。

私たちはこれを2年間ほど繰り返し、結果的に愛犬を夜中に救急動物病院に入院させてしまったという経験があります。 伸びきった胃袋は、いつ胃捻転を起こすかわからないリスクを抱えてしまいます。

適正な高さは子犬の頃は低く、成犬へと体格が大きくなるにつれ、高くしていくことが望ましいでしょう。

そのため、高さ調整ができる餌台がとても便利だと思います。 これを私たちは100円ショップの部品などで自作し、それは今でも利用しています。

これまでに、子犬が安心して寝ていられる環境づくり、トイレトレーニング、家でのリードの使用、甘噛みのしつけ(主従関係)、そして餌台を利用して水やフードを与えることをお伝えしていきましたが、私たちが考え得る中で、これらはやっておいたほうが良いであろう、最低限のものと感じています。

この他にも子犬のうちからやっておくと良いしつけはまだあります。 それらをあげると、一口給餌法、マズルコントロール、タッチング、リーダーウィークというものです。

これらのしつけやトレーニングは、主に飼い主さんと愛犬との主従関係がどうであるかを子犬に教えるものです。

もちろん飼い主さんや人間が上で、愛犬はその下であることをほとんど言葉を使わないで伝えていくものです。

これらについては後述して詳細をご紹介したいと思います。

〜餌を与える時が最も大切〜

 ラブラドール にもそれぞれ個性があり、餌を与える時にもその対応や仕草は異なるでしょう。

しかし餌を与える時、タイミンングというのはとても重要だというのが、私たちの見解です。

この理由とは、おそらく、私たちの ラブラドール がトップクラスの問題を抱えていたからと言わざるを得ないかもしれません。

その問題とは、餌の要求であり、要求吠えでした。 上述にも、子犬はペットショップやブリーダーさんの元にいて、そこでの暮らしや環境をよく覚えています。

そしてそれが当然だと認識していて、私たち ラブラドール の飼い主は、この子犬が当たり前だと思っていることを、一つ一つ我が家のルールに変えていくことから始まるといっても過言ではないと思います。

例えばペットショップで餌の時間が近づくと泣いたり、吠えたりしていた場合は、私たちが飼い主になっても同じことしてきます。

つまり子犬は子犬なりに、「餌をもらえるルール」をペットショップで覚えているということです。

吠えたら時に餌を与えられ、お腹が満たされる体験をしたら、また吠えてみます。 そしたらまた餌をもらえるので、「これは吠えたら、餌をくれるんだな。」ということを体験的に覚えていくようになるのです。

ペットショップの店員さんも、子犬がいちいちそんなことを思っているなどと思っていないでしょう。 しかし子犬はどうすれば食べ物にありつけるか、というルールを知らず知らずのうちに強めていっているのです。

そして私たちの愛犬は、トップクラスでやんちゃで、要求吠えがひどいものでした。

これはペットショップで相当要求吠えしていたな、と簡単に想像がつき、吠えたら餌を与えるということは、要求吠えを私たち家族が容認することだと思いました。

ひどかったのはここからです。

私たちの家庭内でのルールは、人が食べてから犬の餌の時間に決めていました。 これは最終的に、人がご飯を食べていても「頂戴」と欲しがらないようにするためであり、それも私たちの家庭内ルールの一つでもありました。

しかし人が食べている時、彼はとんでもない声量で泣き続けるのでした。

この時飼い主には、いろいろな感情が湧いてくるものです。 例えばそれらは、近所迷惑になる、落ち着いてご飯を食べていられない、テレビの声が聞こえない、野球観戦に集中できない、そして、お腹を空かせてかわいそう・・・というものです。

どんな感情やどんな理由があっても、吠えているときに餌を与えるのは、「欲しかったら吠えなさい。」と子犬に教えているものでもあります。

逆に「欲しかったらどうするべきか?」吠えることではないと分かれば吠えなくなります。 だから、いくら吠えても、泣いても喚いても、私たちは自分たちの食事を犬の鳴き声の中で済まし、そして餌の準備に入りました。

ところが彼は、餌の準備をしたら、また激しく吠えます。

そうすると私たちは準備をやめて、椅子に座ります。

泣き止むと、再び準備を再開し、泣いたら中止、椅子に座ります。

これによって、 ラブラドール の頭の中には、「あれ?吠えたら餌をくれるんじゃなかったの??」という疑問が初めて起こるようになります。

吠えるのをやめて、準備ができたら、次は餌を手に持ちます。

吠えます。

餌を元の位置に戻して、また椅子に座ります。

これを子犬の目の前に餌が置かれるまで、何十分かけてもやります。

勝手に食べようとしたら、手で払いのけ、また元に戻します。 これを毎食毎食、毎日毎日繰り返して行きました。

そうすると、1週間もすると合計21回(子犬期は1日3回与えていたので)くらい、これをやるわけです。

徐々に人が食べている時は一切泣かなくなり、餌を準備しても泣かなくなり、それが目の前にくるまで、じっと待つようになりました。

生後わずか2ヶ月と1週間の ラブラドール が、これをやってくれたのです。 彼は完全に以前の環境(ペットショップ)とは、明らかにルールが違うことを受け入れ、食べるために黙って待つ方が、自分のためになるということを理解してくれたのです。

実は餌の要求吠えも、吠えないで食べられるという認識も、彼の中では同じ認識なのです。

吠えない方が良いことがある(食べ物にありつける)なら、全く吠えないようになるし、吠えた方が得なら吠えるわけです。

だから、ここでは「吠えない方が得」であること、「吠えない方が良いことがあること」ということを、自分のルールにしていくのです。

子犬が甲高い鳴き声で吠えたりすれば、お腹が空いているのだとすぐにわかります。 かわいそう、早くあげたい、こんなに小さいうちからここまでしなくても、特に女性からはそのような意見を耳にします。

でも何をどのように覚えてもらいたいか、絶対に覚えてもらいたいことであるか、成犬になってもやって良いことか、これらの正しい答えを出せるのは、飼い主さんである、あなたや家族しかできないことです。

子犬の時から許したことは、成犬になってもやるし、ある日突然、犬が変わったかのように急に落ち着くことはないものです。 でも ラブラドール には個体差があるので、性格も異なるし、またそれまでいた環境も異なっています。聞き分けの良い子なら、すぐにやってくれるだろうとも思います。

ただ、私たちの ラブラドール は、全く聞き分けのない子だったというだけのことです。

餌を与える時に要求吠えをして良いなら、それはそのままで結構でしょうし、家庭によってルールは違って当然です。

もしそれが飼い主さん家族の望まないことであるなら、ルールは変わったことを体験的に教えてあげる必要があるでしょう。

ここまで子犬期を中心に、必要なしつけや育て方をご紹介してきましたが、これは成犬になるまで、いえ、成犬になっても継続していくことが望ましいと思います。

子犬期に覚えたルールは、なかなか忘れることがなく、自発的にルールに従ってくれることがほとんどです。

しかし、だから大丈夫だと言って、人よりも早く愛犬のご飯を与えることを繰り返したり、吠えたタイミングで与えることを繰り返すと、愛犬は「またルールが変わった」という認識になりやすくなります。

上記のことは私たちも、彼が成犬(通常では老犬の仲間入り)になった今でも継続していますし、そのおかげで彼も忘れることはありません。

そしていつものように、安心できる環境の中で眠り、ご飯を食べ、運動をして、寝ています。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい