ドッグフード の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクや犬の餌の回数を減らすには?具体的な減らし方とは

  ドッグフード や餌の回数は減らすと良いこともあります。 しつけ、主従関係、そして健康に対して、きっと多くのメリットがあるでしょう。

しかし、急に  ドッグフード  や餌の回数を減らすと、主従関係が逆転している愛犬と飼い主さんとの関係である場合、愛犬が吠えたり、暴れたりなど要求や反抗が強くなることがあります。

  ドッグフード  の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクや犬の餌の回数を減らすには?具体的な減らし方とは

また1日に何回もおやつなどの食べ物を与え続けることも望ましくはないでしょう。

成犬なら餌の回数は基本的に1日2回程度に設定してみると良いといえ、空腹感を感じていることも犬にとっては重要だと私たちは考えています。

さて、餌の回数を減らず方法の前に、まずは減らした時に愛犬はどんな反応をするかを、私たちの体験をもとにお伝えしたいと思います。

餌の回数を減らすと愛犬はどうなるか

これは犬と飼い主との主従関係がどのようになっているかによって、大きく異なることがあります。

主従関係が成り立っていると、犬は戸惑いながらも、黙って減った回数に自分を合わせようとするでしょう。

一方で成り立っていない場合は、犬が飼い主に「餌をよこせ」と要求して吠えたり、餌入れを投げてアピールしたり、いろいろなところを噛んで傷つけたり、爪を立てて壁などをガシガシと傷つけたりすることがあるでしょう。

とにかく決まった時間や決まったタイミングで餌が来なくなることには、愛犬は敏感に反応し、主従関係が逆転しているほど、アピールと要求が強くなる傾向があります。

犬は習慣性の強い動物で、餌の回数が減るということは特に重大な問題だと捉えていることが多いものです。だから、一生懸命に要求をして、餌をもらおうとするわけです。

要求は吠えるだけでなく、クーンと可愛げに鳴いたり、前足を使って飼い主に触ったり、鼻でくいくいと突いたり、走り回るなどもあります。

愛犬が餌の回数を減らした時に、これらの行動する時も、要求していると考えてよいでしょう。

クーンクーンと泣けば、かわいそうだという感情が飼い主さんにも高まります。 それでつい、餌や食べ物を与えてしまいたくなったり、実際に与えてしまうこともあるものです。

しかし愛犬にとってそれは、とても都合の良い条件づけとなってしまい、しっかりとそれを学習します。

「鳴けば食べ物がもらえる。」

という条件を学習してしまうのです。

そして鳴いてももらえない時、同じようにどのようにすれば餌がもらえるか、自発的に考えます。

「クーンでもらえないなら、ワンワン!と吠えてみよう。」

このように最初は可愛げな鳴き声だったはずが、次第に怒りさえ彷彿させる要求吠えに変わっていき、気がつけば飼い主さんも「うるさいからもうあげちゃおう。」となっていることが、とても多くあるのです。

犬にとって食べることは生きることであり、とても真剣なことだと言えます。

そのため私たちは、餌や食べ物とは、愛犬と私たち飼い主とつなぐ、とても重要な要素だと考えています。

餌の回数を減らす時は、まずは飼い主さんとの主従関係がどうなっているかを確認するか、あるいは減らした時によくわかるでしょう。

「あれ?餌はもらえないのかな?とりあえず待っておくか。」

と、疑問を感じながらも大人しく待っているなら、主従関係は成り立っている可能性が高いでしょう。

しかし、上述のような要求をしてくるなら、餌の回数を減らすと如実に何かしら態度に出してくる可能性があります。

餌を減らす時は、このような愛犬との主従関係を確認しながら、行っていく必要があると言えます。

 ドッグフード や餌の回数の減らし方

 ドッグフード や餌の回数を上手に減らしたい、そう考える飼い主さんも多くいらっしゃるでしょう。

餌の回数を減らした時の犬の要求や反抗が強いほど、本当に減らして良いか迷うこともあるかもしれません。

「こんなに食べたがている。」

「お腹が空いているのだろう、かわいそうに。」

このように飼い主さんの心情は揺れ動き、餌の回数を減らしたくても、なかなか実行できないこともあるでしょう。

これにおいて上手な方法というのは、あまり期待しない方が良いかもしれません。

基本的に崩れてしまった主従関係を改善したり、取り戻すには、それまで愛犬にとって当たり前だったことが、これからは違うのだということを、言葉を使わずに覚えてもらう必要があるものです。

私たち人間で例えるなら、大好きなお肉(甘いお菓子でも良いですが)を、それまでは好きなだけ食べさせてくれたのに、急にその回数が減ったり、食べてはいけないという現実を突きつけられたようなものかもしれません。

それまで欲求の赴くままに食べていたものを我慢したり、欲求を抑えることは、理性が発達している私たち人間でもとても簡単だと言えず、大きな変化を感じざるを得ないでしょう。

犬にも同じような大きな変化を感じることはあり、人間でいえば「肉が食べたーい!」と言った叫び声が、犬にもあるものです。 それが吠えたり、何かアクションで要求をしてくると言った行動に現れやすいと言えます。

そのようなとき、飼い主さんは新しいルールを愛犬が覚えてくれるまで、この要求を飲むことは望ましい選択ではないといえます。

言葉もかけず無視をし、相手が諦めてくれるまで根気よく待ち続けることが重要でしょう。

愛犬も吠えると疲れてしまい、吠えることをやめるようになります。 そして吠えても無駄だと理解しはじまると、やがて諦めるようになるでしょう。

 ドッグフード や餌の回数が減ったことを、まず愛犬に理解してもらい、そしてようやくありつけた餌の時間になっても、吠えたり要求している時は与えないようにした方がよいでしょう。

もし仮に与えてしまっているなら、「やっぱり頑張って吠えれば、餌はくれる。」という条件づけと学習をしてしまうことに繋がります。

要求が強い時はケージやクレートに入れたり、リードに繋げるなどして、愛犬の行動範囲を限定する場合も、時には必要になります。 餌の決定権は飼い主(あなた)にある。毎日吠えたり抵抗しても無駄だ。ということを根気よく理解していくことが必要となります。

これらのことがわかれば、主従関係が改善し、言うことを聞くようにもなるでしょう。

この「抵抗しても無意味で無駄だ。」ということが、動物である犬に伝わることは、私たちの言葉では不可能に近いものです。

吠えている愛犬に対して、「だめ!」「いけない!」と語気を強めて言う飼い主さんもいらっしゃいますが、愛犬が吠えている状態というのは基本的に興奮状態です。

餌を与えなくなった飼い主さんに、怒りの感情をあらわにしている状態と言えます。 このような興奮状態に、いくら語気を強めても、愛犬をさらに興奮させ、怒りの感情を高ぶらせてしまうことにつながります。

しつけは基本的に言葉をかけないで、何回も何回も体験で伝えることが望ましく、それが結果的に、言葉をかけるまでもなく、愛犬が餌の時間でも大人しく待っていてくれるようになります。

毎日の体験を飼い主さんがさせてあげることによって、その体験を通じて、新しいルール(ここでは餌の回数)を覚えてもらえやすいのです。

根気よく、あなたの愛犬はできる。ということをあなた自身も信じてあげる必要があります。 そしてきっと、できるはずです。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応