スキップしてメイン コンテンツに移動

ドッグフード の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクや犬の餌の回数を減らすには?具体的な減らし方とは

  ドッグフード や餌の回数は減らすと良いこともあります。 しつけ、主従関係、そして健康に対して、きっと多くのメリットがあるでしょう。

しかし、急に  ドッグフード  や餌の回数を減らすと、主従関係が逆転している愛犬と飼い主さんとの関係である場合、愛犬が吠えたり、暴れたりなど要求や反抗が強くなることがあります。

  ドッグフード  の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクや犬の餌の回数を減らすには?具体的な減らし方とは

また1日に何回もおやつなどの食べ物を与え続けることも望ましくはないでしょう。

成犬なら餌の回数は基本的に1日2回程度に設定してみると良いといえ、空腹感を感じていることも犬にとっては重要だと私たちは考えています。

さて、餌の回数を減らず方法の前に、まずは減らした時に愛犬はどんな反応をするかを、私たちの体験をもとにお伝えしたいと思います。

餌の回数を減らすと愛犬はどうなるか

これは犬と飼い主との主従関係がどのようになっているかによって、大きく異なることがあります。

主従関係が成り立っていると、犬は戸惑いながらも、黙って減った回数に自分を合わせようとするでしょう。

一方で成り立っていない場合は、犬が飼い主に「餌をよこせ」と要求して吠えたり、餌入れを投げてアピールしたり、いろいろなところを噛んで傷つけたり、爪を立てて壁などをガシガシと傷つけたりすることがあるでしょう。

とにかく決まった時間や決まったタイミングで餌が来なくなることには、愛犬は敏感に反応し、主従関係が逆転しているほど、アピールと要求が強くなる傾向があります。

犬は習慣性の強い動物で、餌の回数が減るということは特に重大な問題だと捉えていることが多いものです。だから、一生懸命に要求をして、餌をもらおうとするわけです。

要求は吠えるだけでなく、クーンと可愛げに鳴いたり、前足を使って飼い主に触ったり、鼻でくいくいと突いたり、走り回るなどもあります。

愛犬が餌の回数を減らした時に、これらの行動する時も、要求していると考えてよいでしょう。

クーンクーンと泣けば、かわいそうだという感情が飼い主さんにも高まります。 それでつい、餌や食べ物を与えてしまいたくなったり、実際に与えてしまうこともあるものです。

しかし愛犬にとってそれは、とても都合の良い条件づけとなってしまい、しっかりとそれを学習します。

「鳴けば食べ物がもらえる。」

という条件を学習してしまうのです。

そして鳴いてももらえない時、同じようにどのようにすれば餌がもらえるか、自発的に考えます。

「クーンでもらえないなら、ワンワン!と吠えてみよう。」

このように最初は可愛げな鳴き声だったはずが、次第に怒りさえ彷彿させる要求吠えに変わっていき、気がつけば飼い主さんも「うるさいからもうあげちゃおう。」となっていることが、とても多くあるのです。

犬にとって食べることは生きることであり、とても真剣なことだと言えます。

そのため私たちは、餌や食べ物とは、愛犬と私たち飼い主とつなぐ、とても重要な要素だと考えています。

餌の回数を減らす時は、まずは飼い主さんとの主従関係がどうなっているかを確認するか、あるいは減らした時によくわかるでしょう。

「あれ?餌はもらえないのかな?とりあえず待っておくか。」

と、疑問を感じながらも大人しく待っているなら、主従関係は成り立っている可能性が高いでしょう。

しかし、上述のような要求をしてくるなら、餌の回数を減らすと如実に何かしら態度に出してくる可能性があります。

餌を減らす時は、このような愛犬との主従関係を確認しながら、行っていく必要があると言えます。

 ドッグフード や餌の回数の減らし方

 ドッグフード や餌の回数を上手に減らしたい、そう考える飼い主さんも多くいらっしゃるでしょう。

餌の回数を減らした時の犬の要求や反抗が強いほど、本当に減らして良いか迷うこともあるかもしれません。

「こんなに食べたがている。」

「お腹が空いているのだろう、かわいそうに。」

このように飼い主さんの心情は揺れ動き、餌の回数を減らしたくても、なかなか実行できないこともあるでしょう。

これにおいて上手な方法というのは、あまり期待しない方が良いかもしれません。

基本的に崩れてしまった主従関係を改善したり、取り戻すには、それまで愛犬にとって当たり前だったことが、これからは違うのだということを、言葉を使わずに覚えてもらう必要があるものです。

私たち人間で例えるなら、大好きなお肉(甘いお菓子でも良いですが)を、それまでは好きなだけ食べさせてくれたのに、急にその回数が減ったり、食べてはいけないという現実を突きつけられたようなものかもしれません。

それまで欲求の赴くままに食べていたものを我慢したり、欲求を抑えることは、理性が発達している私たち人間でもとても簡単だと言えず、大きな変化を感じざるを得ないでしょう。

犬にも同じような大きな変化を感じることはあり、人間でいえば「肉が食べたーい!」と言った叫び声が、犬にもあるものです。 それが吠えたり、何かアクションで要求をしてくると言った行動に現れやすいと言えます。

そのようなとき、飼い主さんは新しいルールを愛犬が覚えてくれるまで、この要求を飲むことは望ましい選択ではないといえます。

言葉もかけず無視をし、相手が諦めてくれるまで根気よく待ち続けることが重要でしょう。

愛犬も吠えると疲れてしまい、吠えることをやめるようになります。 そして吠えても無駄だと理解しはじまると、やがて諦めるようになるでしょう。

 ドッグフード や餌の回数が減ったことを、まず愛犬に理解してもらい、そしてようやくありつけた餌の時間になっても、吠えたり要求している時は与えないようにした方がよいでしょう。

もし仮に与えてしまっているなら、「やっぱり頑張って吠えれば、餌はくれる。」という条件づけと学習をしてしまうことに繋がります。

要求が強い時はケージやクレートに入れたり、リードに繋げるなどして、愛犬の行動範囲を限定する場合も、時には必要になります。 餌の決定権は飼い主(あなた)にある。毎日吠えたり抵抗しても無駄だ。ということを根気よく理解していくことが必要となります。

これらのことがわかれば、主従関係が改善し、言うことを聞くようにもなるでしょう。

この「抵抗しても無意味で無駄だ。」ということが、動物である犬に伝わることは、私たちの言葉では不可能に近いものです。

吠えている愛犬に対して、「だめ!」「いけない!」と語気を強めて言う飼い主さんもいらっしゃいますが、愛犬が吠えている状態というのは基本的に興奮状態です。

餌を与えなくなった飼い主さんに、怒りの感情をあらわにしている状態と言えます。 このような興奮状態に、いくら語気を強めても、愛犬をさらに興奮させ、怒りの感情を高ぶらせてしまうことにつながります。

しつけは基本的に言葉をかけないで、何回も何回も体験で伝えることが望ましく、それが結果的に、言葉をかけるまでもなく、愛犬が餌の時間でも大人しく待っていてくれるようになります。

毎日の体験を飼い主さんがさせてあげることによって、その体験を通じて、新しいルール(ここでは餌の回数)を覚えてもらえやすいのです。

根気よく、あなたの愛犬はできる。ということをあなた自身も信じてあげる必要があります。 そしてきっと、できるはずです。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい