成犬や子犬に ドッグフード や餌を大量に与えた時のリスク

  ドッグフード や餌を大量に与える時のリスクには、健康的なリスクに加え、主従関係にも影響することが考えられます。

健康的なリスクでいうと、太り過ぎや、それによる病気リスク、そして胃捻転などがあるでしょう。

成犬や子犬に ドッグフード や餌を大量に与えた時のリスク

主従関係のリスクとしては、無駄吠え、要求吠え、噛みつき、そのほか飼い主さんが望んでいない問題行動といったものや、トラブルが考えられるでしょう。

問題行動を起こしてしまうのは、飼い主さんと愛犬との主従関係が逆転していることが要因として考えられます。

私たちも全ての問題行動を解決したわけではないですし、目を離したすきに、悪さをしてしまうこともあります。

そのため声を大にして、あるいは自信を持ってお伝えしかねる気持ちもあるのですが、犬や子犬に大量に ドッグフード を与えすぎることは、問題行動を助長する可能性を高めるということは、体験的も実感的にもそうだと思っています。

最初に、 ドッグフード を大量に与えすぎた時の健康面でのリスクを、私たちが実際に体験したことを中心に、詳細にお伝えしていきます。

怖いのが胃捻転のリスク

私たちは ドッグフード や餌を子犬や犬に与えすぎるのは危険だと考えています。

 もっとも怖いのが胃捻転のリスクで、これは飼い主さんの全く気がつかないところで起き、胃捻転をしたら数時間後には息を引き取ってしまうほど怖い症状の一つです。

胃捻転は簡単にいうと、胃袋が体内でくるっと回ってしまうことを言います。

詳細はこちらへ ドッグフード の与え過ぎで怖い、「胃捻転」のリスクを解説

 ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

フードの糖質量を徹底して低いものにすると、愛犬の糖尿病リスクを下げる助けになるでしょう。

多くの場合、糖尿病の発症のピークは中年以降(7〜9歳)だと言われています。 またオスの犬よりメスの方が2倍かかりやすく、リスクが高いとされているようです。

糖尿病になる原因としては、膵臓で分泌されるインスリンと言うホルモンが不足することで起こりやすく、それが老犬に近づくにつれて分泌量が衰える傾向があるからのようです。

詳細はこちらへ ドッグフード の糖質量を抑えると、糖尿病のリスクも下げる可能性大

主従関係のリスク

犬は食べ物で主従関係を変えやすいと言えるかもしれません。

例えば、いつも餌を与え、散歩に行くお母さんよりも、何もしないお父さんのいうことをよく聞く、ということはよく耳にするし、私たちの家庭でもそれは起きていることです。

では何もやらなくていいのかというとそうではなく、餌や ドッグフード を愛犬が満足になるように与えないことが重要だと言えるでしょう。

犬の満足はイコール、要求に応えてくれたということを意味していると言えます。

詳細はこちらへ ドッグフード の与え過ぎによる、主従関係のリスク!改善方法まで解説

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応