ラブラドール を子犬から飼う時の「しつけ」と飼い方育て方

 ラブラドール を子犬から飼う時の「しつけ」と飼い方育て方 

ラブラドールをご家庭に迎える時、子犬期から飼う場合が多いと思います。

私たちも2ヶ月ちょうどの ラブラドール を家庭に迎え入れ、家族となりました。

子犬期からラブを飼うときの飼い方や、育て方、あるいは気をつけるべき点などを、私たちの体験をもとにお伝えできればと思っています。

特に気をつけるべき点として、愛犬が成犬になったからも重要なことが多くあるので、子犬期の ラブラドール を飼っているか、あるいはこれから家族として迎え入れたいという方には、特に大切な内容となると感じています。

 〜子犬の ラブラドール  ルールを決めて「しつけ」をする〜

子犬の ラブラドール はとても可愛く、成犬と違い、全てが丸み帯びていて、まるでぬいぐるみのようです。

私たちの ラブラドール も、それはそれは可愛いと感じたものです。

しかし、どんなに可愛くても、彼らを家族として迎え入れる時に、家族全員が決めておくべきものがあると私たちは思います。 それは、家族や家でのルールです。

これを決めておくのと、決めないでおくのは、結果的に可愛い愛犬を苦しめることにもつながるでしょう。

詳細はこちらへ子犬の ラブラドール こそ、ルールを決めて「しつけ」をする

〜子犬期のラブに用意するもの〜

数ヶ月という子犬期の ラブラドール を飼うときに、まず必要なものをできる限りあげてみたいと思います。 まず用意すべきは、子犬の居場所であり寝床であるも場所です。

これはケージかクレートが良いでしょう。

サークルもあると非常に有効です。 詳細はこちらへ子犬期の ラブラドール に用意するもの

〜子犬の ラブラドール の餌について 餌の量や回数〜

子犬の ラブラドール の餌について、私たちはペットショップが推奨していたものをそのまま食べさせていました。 「ふりかけ」みたいな餌に、子犬用のミルクまたは水などでふやかした餌を与えていました。

子犬期は成長が早く、栄養はとても大切です。

そのため、推奨されている量をそのまま与え、消化によくて食べやすい状態を心がけていました。

詳細はこちらへ子犬の ラブラドール の餌について 餌の量や回数を解説

〜子犬の ラブラドール に必要な「しつけ」〜

子犬期でもしつけ、つまり家族と愛犬のルールを教えることを、私たちは始めた方が良いと思っているし、子犬であっても、それは新しい環境に来た時から始まっていると思っています。

 ラブラドール の子犬は多くの場合、ブリーダーやペットショップなどで数ヶ月を過ごし、それからあなたの家にやってくることがほとんどでしょう。

つまりこれは、その子はすでに、以前の環境やルールを覚えていて、それがあなたの家に来た時から変わることを意味しているものです。

詳細はこちらへ子犬の ラブラドール に必要な「しつけ」とは

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応