スキップしてメイン コンテンツに移動

ドッグフード (犬の餌)代 高級 ドッグフード や市販のもの,国産,海外等何が良いか

 ここでは安全安心な ドッグフード や市販されている国産と海外産の ドッグフード の基本的な違いなどをお伝えし、あなたと愛犬の健康と寿命の改善に寄与できたら幸いです。

 ドッグフード (犬の餌)代 高級 ドッグフード や市販のもの,国産,海外等何が良いか

犬の餌は何も考えないよりも、飼い主さんが愛犬をよりよく観察しながら、適切なものに絞っていくことが望ましいと言えます。 

そしてやはりこだわっていくことによって、餌代や費用は高くなる傾向があることでしょう。

餌の費用は飼い主さんと、 ドッグフード メーカーのこだわりに比例していると言えます。

しかし、それは同時に愛犬の健康状態にも良い影響を与えることが多くあると言えるでしょう。

とは言え、無理をしてまで高級な ドッグフード を与えることはないと思っていますし、私たちもそのようなフードを与えているわけではありません。

経済的な事情も飼い主さんによって異なりますし、またお金をかければ良いとも言い切れないものでしょう。 まずは自分の愛犬の状況をよく観察し、何が適しているかを徹底的に考えることが大切だと思います。

それでもし、高級 ドッグフード が適切だと考え、経済的に問題がなければその判断をすれば良いし、高級でなくても飼い主さんと愛犬の要望を満たしている ドッグフード は結構あるものです。

〜 ドッグフード の中でも安心で安全なもの〜

 ドッグフード といってもその種類は数多あります。

まず犬にとっても、飼い主さんにとっても安心できることが、高タンパク、低炭水化物、そしてできることならグルテンとグレインフリーで大豆が含まれいない魚主体のものが望ましいでしょう。

これは私たちが沢山試してきた結果、犬の体質と自律神経の観点からみて、安心で安全だと言えるものです。

それとは異なり、原材料自体の安全性というものもあります。

ただし覚悟しなくてはいけないのが、原材料の安全性はそのままコストに影響していくことだと言えるでしょう。

これは私たちが数多くの餌を吟味している中で最も強く感じる部分でもありました。 人間社会でも同じことが言え、例えば放し飼いの牛肉の方が値段が高いですし、さらにグラスフェッド(牧草だけ食べて育った牛)はさらに高い値段が付いています。

また野菜に関しても、農薬や化成肥料を不使用な栽培方法で作られたものは、非常に安心と安全が担保されている代わりに、値段が高くなります。

この理由は、大量生産されていないからであり、希少価値があるからとも言えます。

例えば牛でも、ホルモン剤を投与することによって少ない餌の量でより早い成長を実現することで、大量生産と製品サイクルを早めることが可能になります。

結果的に価格を下げて販売することができ、牛肉を安価で食べることが実現できているというわけです。

またお米や野菜においても、肥料を使うことで野菜を大きく、早く育てることができます。そして農薬を使用するからこそ、虫や病気になって出荷できない農作物を減らすことができます。

これがより安価に農作物を手に入れることを実現しています。

この体験は私が元農業従事者だったので、自信を持ってご説明できます。

それでは、これら牛で言えばホルモン剤、農作物で言えば肥料や農薬を、一切使用しなくなるとどうなるか?ということです。

基本的に商品サイクルは長くなり、そして農作物は収穫量の激減を招くことがほとんどとなります。

お米でいうと収穫量は半分以下になることがほとんどでしょう。

しかし農家としてはやる作業は全く同じで、作物が取れる時期も一年に一回のみです。それらの状況を想像してみるだけでもゾッとします。

つまり、食の安全性は必ず問わなくてはいけない重要な問題ですが、それはとても希少価値を高め、結果的にコスト上げてしまうことが多くあるということです。

私たちがよく与えている ドッグフード も、人間がそのまま食べられる原材料のみを使用しているフードがあります。

例えば、新鮮な肉や魚であり、または人間が食べるものと同じ野菜類などが配合されています。

これは非常に値段が高いため、他のもの(そこまで徹底していない ドッグフード )と混ぜて与えています。

私たちが一生懸命に彼らを観察し、色々と試して、そして自分たちのできる範囲の中で行えることを選択したという結果です。 まずは、愛犬をよく観察し、愛犬の気持ちになって過ごすことがとても重要だと言えます。

そしてその知識や知恵、体験が重なっていくことによって、高級にこだわる必要がない、自信の持てる選択肢が見つかるはずです。

もちろん安心で安全なものを人も犬も食べるべきですが、それはコストがかかるのが当たり前であることを理解しておく必要があります。

オーガニックの ドッグフード の良さ〜 安心安全といえばオーガニックの ドッグフード が良いと考える人は多いでしょう。 オーガニックという認定が受けられ、オーガニックと表記可能なものは、その食材が三年以上農薬や化成肥料を使用していない圃場(農作物を栽培する土地)で作られたものに限られることがほとんどです。

ところがオーガニックといっても、使用が許されている農薬と肥料もあります。それらは有機的に作られた有機肥料や有機農薬に限られて使用が許されているようです。

しかし、オーガニック表記を認可している団体は数多くあり、それぞれで使用が認められている農薬や肥料が異なることもあります。

何が正しいとか、悪いということよりも、そもそもオーガニックという基準が定まっていないのが現状のようです。

もちろん、とても真摯にその基準を設定し、厳しい基準を設けている団体もあることでしょう。しかし上述したように栽培や飼育方法が厳しくなっていくほど安全性は高まりますが、生産性に影響を及ぼし、それがコストを上げてしまうことは変わりないでしょう。

またオーガニックや自然素材、こだわりの原料を使っているもの中には、糖質主体、炭水化物原料が主体のものも多くあります。

人が食べられるというキャッチフレーズはとても聞こえは良いですが、人が食べることができても、それが犬の体質にも良いという問題とは異なるでしょう。

犬は摂取する炭水化物の量が多くなりすぎると、それによるリスクも考えられます。オーガニックということだけで、犬に適したものであるという答えに、直接的に結びつけるのは早合点と言えるかもしれません。

オーガニックの食材が人間でも高価なように、犬用の ドッグフード も高価な傾向があります。

あなたの愛犬にそれが本当に必要であるかという事をよく考える事は重要と言えるでしょう。 それらを考慮したうえで、愛犬に合う ドッグフード を選択する必要があるでしょう。

〜市販されている安い ドッグフード や犬の餌〜

安いものが決して悪いということはありません。

 犬に与える ドッグフード や餌は、飼い主さんが愛犬をしっかりと様子を見たり、観察した上で決めていくことしかできないし、それが双方にとっても望ましい方法であるといえます。

市販されている ドッグフード は、高級 ドッグフード やオーガニックなものよりもかなり安価で手に入りやすいものが多くあります。

これらで注意したい点があるとすれば、それは、パッケージの原材料に記載されている材料の順番です。

これはとても大切となるでしょう。

肉や魚などが原材料を多く占めており、初めに記載されいてるか、穀物が多くないか、大豆が多く使用されていないかなどは、安くても高くても関係なくチェックするべき項目として考えておくと良いでしょう。

また高くて良質だと感じた ドッグフード と、安いけれども良いバランスだというフードを混ぜることで、飼い主さんのコストをコントロールすることも可能です。

市販された安い ドッグフード が決して悪いということはありません。またその逆に高い ドッグフード が必ずしも良いとは限らないものです。

事実、私たちが2ヶ月のラブラドールを飼い始めた時、推奨された ドッグフード は高価な部類のものでした。

それが彼に炭水化物などによるアレルギー反応や、体重増加を招いたこともあるのです。

安いものでも、犬にとって良い栄養バランスのものがあります。私たちもそれを探しに探して見つけた経験があります。

今のフードを新しいものに見直す際には、是非とも ドッグフード の裏面等に記載されている原材料の順番と、タンパク質の割合を見てみてください。

市販されている比較的安価な ドッグフード の場合、タンパク質量が25パーセントから30パーセントあると表記されているものであれば、タンパク質量が豊富にある ドッグフード であると私たちは判断しています。

30パーセントに近い ドッグフード はおそらく、タンパク源である肉や魚などが多く配合されているものになっていると思います。

これだけで十分だとは決していえませんが、この水準を切るほどタンパク質が少ないものは、炭水化物が多くあると考えられるので、今の愛犬の ドッグフード のこれら数値を確認してみると良いでしょう。

また気をつけたいことが、炭水化物の量や割合が記載されていないことです。 これは高い安いはあまり関係なく、記載されていないことがほとんどです。

私たち飼い主が判断するのは、タンパク質の割合のみになりますが、むしろそれが多ければ良いという判断が可能です。

栄養分でも特にPFCバランスと言われる、タンパク質と脂質と炭水化物の割合は気にして、 ドッグフード を選ぶとよいと思います。

〜無添加の ドッグフード について〜

愛犬の健康を気遣うほど、無添加やオーガニックで新鮮な原材料を加工し、作られている ドッグフード を選ぼうとするものです。

もちろんそれは間違いではなく、添加物の多く含まれている ドッグフード は良いとは言えるものではないでしょう。

人で無添加と表記して良いのは、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料という4大添加物を一切使用しなければ、「無添加」と表記して良いそうです。

これが犬にも適応されているのかは私たちもよくわかりませんでしたが、おそらくこれからお伝えすることを知り、それを基準や選択肢の一つとして参考にすることで、愛犬にとって無添加により近い ドッグフード を与えることができると思います。

まず ドッグフード によく使用されている添加物には、酸化防止剤、保存料、着色料などが添加されていることが多くあります。

私たちも添加物として酸化防止剤が入っている ドッグフード を与えているのも事実です。 しかしそれをいつも、そのまま与えているというとそうではありません。

私たちは酸化防止剤が入っている ドッグフード と、全く入っていない無添加の ドッグフード を混ぜて与えています。

その理由は、無添加や原料にこだわっている ドッグフード はとてもコストが高いことです。

そこで安心だと思える添加物の使用があり、そのほかの合成着色料や香料の使用されていないコストパフォーマンスの良いものと混ぜているというわけです。

つまり、全く添加物を使用してない ドッグフード を混ぜることによって、少ないけれども添加物が入っている ドッグフード の摂取量を減らすことができる(さらにコストも可能な限り減らすことができる)、ということです。

これによって添加物の絶対的な摂取量も減らすことができます。 簡単にいうと、良いもので「薄めてしまう」と例えることができるでしょう。

酸化防止剤に関しては、多くの ドッグフード がビタミンEを添加物として使用していることが多く、これはとても安全な成分だと言われています。

また、酸化防止剤として「ミックストコフェロール」という表記がされていることがありますが、これはビタミンEのことですので、安心しても大丈夫でしょう。

この他にも酸化防止剤にはビタミンC、クエン酸、ハーブなどが添加されていることがありますが、これらも同じく安心と言えるでしょう。

しかし「BHA」や「BHT」という表記がある場合は注意が必要かもしれません。これらは「ブチルヒドロキシアニソール」、「ブチルヒドロキシトルエン」の略称で、発がん性があるとも言われています。

ペットして飼われている犬は、毎日、毎食、同じものを食べることが多いものです。私たちの犬たちも同じものをいつも食べています。

個人的には、「よく飽きないものだなぁ・・・」と思ったりもしますが、犬は一生懸命に食らいつきます。

その為、毎日同じものを食べる犬には、添加物の有無だけでなく、添加物を摂取する絶対的な量も減らしたいと考えています。

なぜなら発がん性物質が添加されているものを食べさせることは、恒常的な発がん物質の摂取を意味しているからです。

これらが使われている ドッグフード は避けることが無難だと言えますし、私たちも使用を避けています。

また近年では着色料が無添加なものも多く見かけます。 これは犬は人に比べて色を識別しにくいので、美味しそうに色付けしたところで、喜ぶのは色を見極めることができる人であり、犬ではないと言えるでしょう。

これらの情報もよく言われるようになり、着色されている ドッグフード は飼い主さんたちに好まれない傾向となり、メーカー側も使用を控えている流れのようです。

犬の餌もそうですが、例え加工していても、食べ物は酸化してしまうものです。その為、酸化防止剤は必要であり、むしろ酸化した食べ物を摂取し続ければ、それはそれで健康に悪影響が出てくることでしょう。

安心安全な添加物を知ることや、良いものと混同して与えたり少しの工夫をすることで、愛犬にとってよりよい ドッグフード の選択とすることができます。

〜国産の ドッグフード について〜

国産の ドッグフード 選びで重要なことは、まずは有名ブランドや、人気のフード、そして安いというだけで決めないことがおすすめだと言えます。

国産の ドッグフード は市販のものなら手頃なものが多くあるでしょう。また高価なものでも、すごくこだわっている国産 ドッグフード に比べると手が届きやすい値段が多くあります。

重要なことは愛犬にとっての栄養バランスであり、特に上述したタンパク質と脂質と炭水化物の「PFCバランス」だと言えます。

そして次に費用だと思います。 安価なものでも良いバランスを実現しているものもあります。

しかし私たちも感じますが、完璧で望ましいバランスの ドッグフード は、まず見つけることは不可能だと感じています。これは私たち人間もそうで、自分に完璧なバランスの食べ物を見つけることは不可能なものです。

とは言え、愛犬にとってこれは重要な問題になると言えます。なぜなら犬は、ほぼ変わらず毎日、同じそれを食べるわけですから。

 ドッグフード で与えることのできる栄養バランスは特に大切だと考えています。

国産の ドッグフード の特徴として、やはり炭水化物が多く含まれている傾向がある、というのが私たちの実感です。

 特にお米、玄米、小麦、トウモロコシ、ジャガイモなどが原材料の最初の方に記載されていることが多く見受けられます。

犬によって、または犬種によって炭水化物への耐性が強い子もいるでしょう。私たちの場合は、ラブラドールよりも柴犬の方が、炭水化物への耐性があるように実感しています。

しかし耐性があるというだけ、大丈夫とは限らないものです。 例えば国産の ドッグフード でも、炭水化物が多い穀物主体のフードを与えている場合、耳の中の汚れや、耳をよく掻くなどが多かったら、もしかするとアレルギー反応を引き起こしているかもしれません。

そのような時は獣医師に相談し、 ドッグフード の見直しや検討をしてみることをおすすめします。

〜海外産の ドッグフード について〜

私たちも海外の ドッグフード を使用しており、現在使用している ドッグフード は肉主体(魚主体にした変えたりもします)で、PFCバランスはタンパク質が40パーセント以上の物になっています。

また原材料の8割がタンパク主体の肉や魚などで、そのほか繊維質が豊富な豆類と野菜類になっています。

しかも穀物不使用のグレインフリーで、添加物も一切使用してないものです。

海外産の ドッグフード にはこのような、良質で、そしてこだわりの強く、犬の体質や健康を考慮しているものが沢山あるように思えます。

国産で特に手に取りやすい市販のものは、タンパク質の割合が20パーセントかそれ以下のものも多くありますが、海外産の ドッグフード は、原料にとても豊富なタンパク源を使用しているので、30パーセントを優位に超えているものが多くあります。

これは同じ量の餌で、タンパク質が倍近く摂取できるという利点があり、犬の筋肉量の維持にも役立てることが可能です。

ただし、このような ドッグフード は割高であることは、私がここで言うまでないでしょう。とは言え本当に高価であるものが多いですが、とても良質であるのも事実だと実感しています。 私たち自身、相当な無理をしてまで、愛犬に対しお金をそこまでかけることはできません。

そのためできる限り良質で安価な国産 ドッグフード と、本当に良質で良いと判断した海外 ドッグフード とを混ぜて与えています。

そしてもう一つ、オーガニックフードでも触れましたが、原料はやはりしっかりと確認した方が良いと思います。

海外の有名 ドッグフード メーカーの中でも、炭水化物原料が主体のもので、20パーセントくらいしかタンパク質の割合がないものも多くあります。

犬は確かに祖先と言われている狼よりも、炭水化物を分解できる酵素を多く持っていますが、それが全ての問題を解決しているとは言えないかもしれません。

また歯石や虫歯リスクを高めるのも、糖質や炭水化物であるため、良質な原料だけであることに加えて、その ドッグフード が何を主体としているかはきちんと確認しておきましょう。

とは言え、海外の ドッグフード はとても犬に気を配った良質なものが多いというのが、私たちの実感です。

もし、海外の ドッグフード に変える場合は、できる限り良質なものを選び、タンパク質の割合が40パーセントに到達しそうな高タンパクの ドッグフード をおすすめします。

〜ウェットやモイストタイプの ドッグフード について〜

ウェットの ドッグフード とモイストタイプは全く同じものを意味しています。

ウェットタイプの ドッグフード は、そうでないものと比べると少々値段が高くなる傾向があります。

しかし、愛犬にとってこのウェットタイプ のフードは、実はとても良い効果を得られやすい特徴があるのです。

その特徴とは、愛犬が消化ストレスを改善できる可能性が高い点です。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい