スキップしてメイン コンテンツに移動

【実例】 ドッグフード のストックや保管をご紹介

 犬の餌や ドッグフード  の保管に、私たちも困っていました。

私たちの結論からすると、飼い主からして餌が取り出しやすく、そして犬が絶対に手を出せない形式で保管すること、という答えになります。

【実例】ドッグフード のストックや保管をご紹介

それを実現してくれる保管方法を実践すると、犬は執拗に ドッグフード を探そうともしなくなり、また見つけたとしても、何をしても食べられないので、飼い主から与えられることを待つようになる傾向になります。

問題は犬でも簡単に探せて、取り出し可能な保管方法であるという事でしょう。

そうならないようなおすすめの方法をご紹介します。 犬が探しやすい保存方法 大抵の場合、 ドッグフード は紙媒体や、ビニール素材の袋に入っているでしょう。

これをそのまま、どこかの引き出しや、扉の中に入れておくのは、私たち人間の考えが甘いと言わざるを得ないかもしれません。

犬は嗅覚が鋭く、その機能は食べ物を探し当てる為にでもあるわけです。 つまり、犬は元来より、食べ物を探し当てる為に、嗅覚を鋭どくさせていったとさえ言え、食べ物の匂いがすれば、それを本能的に探し当てるという衝動にかられ、かつ行動に出るわけです。

特に私たちの愛犬であるラブラドールはとても大食漢で、彼は何食分であっても、あればあっただけ食べようとします。

私たちの体験上では、彼は4食分を一気に食べたことがあります。

普段はしっかりと保管をしていたのですが、それとは別に犬と一緒の旅行で余った餌をビニール袋のまま、愛犬の届く場所に置いておいてしまったのです。

家族全員がすっかりとその存在を忘れてしまったときに、事件は起こったのでした。

私たちは旅行から帰宅し、ぐったりとしていて、とりあえずの片付けだけをしました。

そして、愛犬たちの余った餌もとりあえずビニール袋のまま、彼の届く場所に置いておいてしまい、翌朝を迎えたのでした。

普段はそんなことは一切しないし、その点はしっかりとしつけをしてきたつもりでしたが、彼らの食欲という「生存欲求」を止めることは難しかったようです。

翌朝、気がつくと餌の入っていたはずのビニール袋が、小さく小さくしぼんでいたのです。

彼は4食分をドライのまま食べてしまい、ケロリとした顔をし、寝床で私たちを「おはよう」と迎えていました。

当然、圧倒的なカロリーオーバーな日となり、その日はご飯を与えることを止めました。

また、ドライフードをふやかしていない状態のまま食べてしまったので、胃捻転のリスクも考え、その日の散歩も中止にしました。

このように私たちは一連の体験から、しっかりとした保存容器や保管方法を徹底する必要性を強く感じました。

紙媒体のままでは、犬は本能が目覚めてしまえば、いくらしつけをしたとしても、きっとそれを見つけ出して、すべて食べてしまうでしょう。

ただどこかに入れておくだけでなく、それをすっぽりと覆い隠すサイズの容器で、さらに密閉力があり、強く頑丈なものである必要があると実感しました。

さらに愛犬が餌を探すことは諦めるには、しつけや主従関係の確立が必要であることはいうまでもありません。

「食べたいけれど、飼い主さんがまだくれないから、おとなしく待っていよう。」 そのように愛犬が自発的に考えてくれるようにするには、しつけ、習慣、そして飼い主さんとの主従関係が愛犬の思考の中にある必要があります。

これらが揃い、さらに犬も鼻と狩猟本能を駆使してもこれでは食べれそうにない、ダメだという保管方法であれば、きっと飼い主から与えられるのを待つようになるでしょう。

一方で、愛犬が諦めることを可哀想だと感じる飼い主さんもいらっしゃるようです。

食べるのを諦めさせることが、心苦しいということのようです。 しかし冷静に考えてみると、まず犬という動物は、生きる為に私たち人間よりも必死になってしまい、盲目的になりやすい傾向が強いと言えます。

盲目的になるとは、理性よりも欲求と感情が先立って行動してしまうことを意味します。 つまり、犬という動物は、食べ物があればそれが尽きるまで、あるいは自分に限界が来るまで食べてしまう傾向があると言えるのです。

「これは明日にとっておこう。」

「これ以上食べると太ってしまい健康リスクが高まるから止めておこう。」

「少しは残しておけば、食糧不足の時に役に立つぞ。」

というような思考はほとんどしないものです。 むしろ、「食べ物だ!できるだけ今のうちに食べられるだけ食べておかないと!」と思考していることがほとんどだと言えます。

そうでないと4食分を一気に食べてしまうようなことはしないものです。 愛犬は人間と一緒に暮らす動物であり、そこには内なる野生性を持ったまま、人間のルールに適応する必要があります。

野生性をしつけというトレーニングでうまく人間のルールに適応するように訓練することが必要なのです。

欲望の赴くままに無尽蔵に食べることを諦めてもらい、飼い主さんが与えるまで待ってもらう必要があるのです。

それによって、野生性を持った犬と、人間とのより良い生活が実現できる助けにもなると、私たちは思っています。

食べることを我慢してもらうことは、決してかわいそうなことではない、そう思える考えが私たちにはあり、それをとても重要視しています。

それとは、愛犬には野生で暮らすことに比べて、決定的に異なる部分があるということです。

その決定的に異なる部分とは、食べ物が飼い主から安定的に供給されることです。

これは野生で暮らす犬たちには、到底実現できない環境であるでしょう。

飼い主さんから、いつも、毎食、安定的に食べ物が与えられるというのは、ただそれだけでも、犬にとってはとても喜ばしいことであり、素晴らしい環境であると言えます。

しかし、彼らは本能を色濃く持っており、そのような恵まれた環境にいるとしても、その野生性と本能がなくなるということはありません。

だからこそ、保管方法が適切でなければ、自分の鼻と狩猟本能を活かし、食べ物( ドッグフード やおやつ)を見つけようとします。

さらにおそらく家の中というのは、自然界よりも圧倒的に、いとも簡単に食べ物が手に入りやすい環境だと言えるでしょう。

加えて犬は、何も ドッグフード だけを探している訳ではありません。 生ゴミを漁ったり、ゴミ箱に頭を突っ込んで、食べ物がないかを真剣に探します。

私たちの愛犬のラブラドールは、全く知らないうちに生ゴミのゴミ箱をあさっており、そこに捨ててあった、魚の骨などを食べていました。

さらにそれが胃の中を傷つけてしまい、何日間も血の混じった胃液を吐いたこともありました。 しつけも十分にし、主従関係も理解しているようだし、さらには ドッグフード もしっかりと保管してある。全く問題はないと油断していた矢先でした。

彼はいつも、食べ物を探していたようです。

私たちは彼が1人でいる時や、たとえ家族の誰かが家にいても、彼が生ゴミ専用のゴミ箱がそばにあるときは必ず、彼の行動を制限するように、家の中専用のリードを買い、それを忘れずにつけるようにしました。

加えて、生ゴミ専用のゴミ箱を犬の力では決して開けられないようにも工夫しました。

愛犬に食べることを諦めてもらわないと、際限なく食べ物を探そうとする可能性が高まります。 それが場合によっては、病院にいく必要があったり、誤飲をして手術をしたりと、結果的に飼い主さんの出費や手間を増やしてしまうことになりかねないのです。

さらに、愛犬が苦しい思いをする事になりかねません。 これは彼らが悪いわけでないと言えます。

私たちもそうですが、「犬である」彼らへの理解が少し足りなかった、というのが原因であることが、とても多くあるものです。

だめ!といっても、犬は「イエス」としか捉えないとドッグトレーナから教わったことがあります。

つまり、人間にとってやって欲しくないことや、いけないことを犬がやっていても、それを口で聞かそうとすればするほど、「よし、いいぞ、もっとやれやれ。」というように捉えてしまう傾向があるようです。

声ではなく、無言で、犬が諦めざるを得ない方法をとり、餌は飼い主しか取り出せないところにあるということを、あなたのワンちゃんにも認識してもらう必要があるかもしれません。

犬によって性格は、全く異なります。 これまでに述べてきた方法が、あなたの愛犬に適切であるという確証はありませんが、考えうる方法を実行に移し、飼い主であるあなたと愛犬との間にしっかりとした主従関係を持つことは重要でしょう。

私たちがとった具体的な方法としては、愛犬の行動を制限することです。 犬は行動を制限することで、主従関係が元に戻ることがあります。

その理由はなぜか? 実は愛犬は放し飼いにしておく、家全体が自分の縄張りだと勘違いしてしまうことがあるからです。

例えばあなたの愛犬が家の中で放し飼いだったとして、彼が家全体を自分の縄張りだと認識したとします。 そうなると、来客者に吠えたり、前の道を他の犬が通ったり、猫が近づいただけでも吠えるようになります。

これは「敵が来てるそ!」「何をしているんだ!早く追い払え!」と愛犬が飼い主さんに命令している状況に近く、自分の縄張りを危険から守ろうとしていることを意味しています。

自分の縄張りが家全体になると、愛犬にとってこれほど大きなストレスはないでしょう。 なぜなら、人の往来や来客、犬や猫の往来を制限することはできないからです。

その度に愛犬は怒りと恐怖の感情が高まり、それをどうにかする為に吠えたり、威嚇したりして、とても大きなストレスになったりしているのです。

また飼い主さんたちを、自分が守らなくてはならないとさえ感じてるかもしれません。 犬が上で人が下であるという意識が強いと、犬が下である私たち人間を守ろうとして敵が近づくたびに必死になります。

そうなると、愛犬はいつも安心して家で休むことさえできなくなるでしょう。

主従関係が逆転することは、食べ物を漁ってしまうことのほかに、実は、愛犬にストレスを増やす要因にもなるのです。 そして自分の縄張りなのだから、餌を探して食べてもいいという、感覚にもなりやすいと言えるでしょう。

このように主従関係を改善し、誤飲、誤食、食べものを漁る癖を改善するには、例えばリードで繋いで行動範囲を制限することや、周囲が囲われているケージに入れておくなどしておくとよいでしょう。

犬は行動範囲は狭い方が落ち着く傾向があります。 そして縄張りは自分が守っているよりも、ほかにリーダーがいて、その人に守ってもらっている方が、よっぽど落ち着く傾向があるのです。

私たちが実際にやっている ドッグフード の保管方法 私たちの場合、柴犬もラブラドールも、椅子やテーブルのような高いところには乗らないしつけをしたので、 ドッグフード の保管は地面に置き型で、背の高いものを使用しています。

以下の写真のように置いています。

蓋をあけるとフードが取り出しやすい形をとっています。

普段は ドッグフード の袋の口を折りたたみ、空気に触れないように保管しています。

例えばソファーやテーブル、キッチン台の上にまで登れる習慣があると、床に置いても飛びついてフードストッカーを倒して、そこからフードを出そうとするかもしれません。

これは飼い主さんが外出しているときに、犬はよくチャレンジしていることがあるようです。

そのような時は、私たちのような保管方法では犬に見つかってしまったり、あるいは高いところに置いても探されてしまうこともあるでしょう。

家の中で放し飼いにしていると、愛犬はとても執念深く食べ物を探していることが多くあります。 そういう時は、外出の際にはケージに入れておくか、リードで繋げて、行動範囲を狭くすることが良いでしょう。

またケージに入れたり、リードで繋いでおく場合においても、水だけは飲めるように届く範囲に設置してあげると良いでしょう。

使用しなくなったリードを2本繋げて長くすることは良い方法の一つです。 またケージに入れておく場合は、ペットボトルを取り付けて、愛犬が飲んだ分だけ水が注がれるものがおすすめです。

これは常に新鮮な水を供給できることに加えて、高さを自由に設定もできる機能を有しているので、安全に愛犬が水を飲める環境を作る助けとなります。

また家にいる時から常にリードをいつもつけておくという方法も良いでしょう。

リードがついている状態に慣れてもらうことで、きっと以前よりも落ち着いて家に居られるようになるし、留守番も落ちついてしてくれるようになるでしょう。

もっともしつけの観点からすると、「リードコントロール」というトレーニングが必要であり、それが愛犬もできていることが望ましいですが、愛犬が飼い主さんから餌を与えられる以外に、食べ物に有り付けない事実を知ってもらうことが何よりも優先的に大切でしょう。

そうするだけでも、主従関係に改善が見られたり、飼い主さんのいうことを聞いてくれる変化もあることでしょう。 しかし、それまで許してきたことを変えられると、犬の態度も変わることがあります。

これは飼い主さんに、「どうして急にそんなことをするんだ!」と怒っていると考えらます。

怒っていたり、反抗しているときはすでに、お互いの主従関係が逆転しているという事実を受け入れる必要があるでしょう。

主従関係が成り立てば、愛犬も怒ったり、反抗することはなくなっていきます。

愛犬の行動範囲を制限し、この家では自分の縄張りは範囲である、ということを知ってもらうことが大切です。そして自分の縄張りが制限されていけば、守るべき範囲はそこだけで良くなるのですから、家の中で落ち着いて休めるようになります。

そして制限した愛犬の縄張りは、安心してくつろげるような環境を作ってあげてください。

上が塞がっていて、さらに周囲が囲われていて、外の景色や通行人が見えないようにすると良いでしょう。

また玄関から遠い位置にそのような場所を提供することも良いでしょう。 外で犬や猫、通行人がいても、そのようなケージの中にいたり、リードで繋がれていれば、自分は何もする必要はないということを徐々に覚えていき、ずっと寝ていることが多くなります。

このように新しいルールを覚えてもらい、犬が人を守るという勘違いを愛犬してもらうのではなく、人が犬を守ってあげているという環境を作ることは大切だと、私たちは考えています。

犬は強い存在から守ってもらえている、だから自分は大人しくしていればいい。 そう思ってもらうことで、家でもどこでも、飼い主といると落ち着けるようになるでしょう。

犬を守るのは、飼い主である自分である。 そのような意識で、ワンちゃんと向き合ってみると、少しずつあなた自身も変わっていくかもしれません。

そのような主従関係を改善させながら、 ドッグフード の保管方法を適したものにしていくことで、愛犬は飼い主さんだけが自分の餌をコントロールできるのだ、という意識も徐々に芽生えていきます。

そうなってくれると、食べ物を与えてくれる飼い主さんにより信頼を抱くようになるだろうし、執拗に食べ物も探さなくなるでしょう。

 ドッグフード の保管方法は、このように愛犬に適切に行うことで、主従関係や信頼関係にも良い影響を及ぼしてくれることが多くあると、私たちは実感しています。

あなたも愛犬との関係を見直してみて、よりよいフードの保管方法を見つけてみることをお勧めします。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい