犬の 餌入れ (フードボウル)の選び方

  餌入れ (フードボウル)の選び方は、現状のあなたのワンちゃんをよく観察してから選ぶと良いでしょう。

 犬の餌 入れ(フードボウル)の選び方は、様々な価値観があるものです。

犬の 餌入れ (フードボウル)の選び方

例えば 餌入れ を嫌がったり、怖がったりして、餌を食べてくれないから。

また、子犬を迎え入れたばかりで、適切な 餌入れ がわからない。 早食いなのでそれを防止したい。

またお部屋にも合うような新しいデザインにしたい。

などなど、あなたのワンちゃんの現状によって、適切な 餌入れ も変わってくることでしょう。

お部屋の雰囲気に合うための 餌入れ の選び方は、私たちは気にしたことがないので、ここでは触れませんが、その他についてはある程度の体験があるので、お伝えしていきたいと思います。

子犬に適した 餌入れ (フードボウル)

子犬に適した 餌入れ (フードボウル)を、私たちは探したり、購入する必要がないと感じていました。

なぜなら、子犬として向かいれたとき、すぐに大きくなり、成犬サイズの 餌入れ が必要となるからでした。

ただし、子犬のときほど、 餌入れ (フードボウル)よりも、餌台(フードスタンド)の必要性を感じています。

子犬は餌を勢いよく食べる傾向があり、大型犬ではとても食欲が旺盛なことが多くあります。

餌台は子犬の胃の中に余計な空気を入れないように、飲み込みやすくしてくれる効果があると、私たちは考えています。

これはそうしなかったことで、犬も人間も、とても辛い思いをしたことが教訓となっています。

子犬は食べる量や餌にも制限があるので、私たちは、すでに使わない木製のお皿を使用していました。 木製なら割れる心配もなく、それによる怪我のリスクもほぼないものです。

犬はすぐに成犬になってしまいます。子犬である期間は1年もない犬がほとんどだと言えます。

それよりも衛生的で、それを維持している器で与えることが最も重要だと、私たちは考えています。

早食いを防止する 餌入れ (フードボウル)

早食いを防止したい飼い主は意外に多くいるようです。 私たちが飼っている柴犬でも、早食い防止の 餌入れ を試したことがあります。

凹凸があることで、あえて食べにくくさせ、早く飲み込むことを抑制する効果があるようです。

私たちの柴犬も食べにくいようでしたが、早食いはしないようになりました。

一度に口に入れる量が少なくさせることができるため、食べる時間は長くなりました。

特にがっついて食べる性格の子には、効果的かもしれません。 ただ、凹凸があることで、人間がその 餌入れ を洗うのが大変でした。

また私たちは餌を水でふやかして与えるようにしたので、複雑な形状だと色々な場所に張り付いてしまい、犬も余計に食べずらそうでした。

現在では、普通の容器で与えていますが、一定の効果があったように思えます。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応