愛犬ラブラドール の長生きのために、アレルギーストレスを改善する

 愛犬ラブラドール の長生きのために、アレルギーストレスを改善する

愛犬のストレスは伝わりにくいし、目に見えないことや確認できないことが多くあるので、把握するのにとても困難です。

ところが食べ物のアレルギーストレスは、それは症状として現れるので、顕在化しやすいと言えます。

しかし、問題は顕在化した時はすでに、かなり悪化しているということです。 特にアレルギーとして反応しやすいと感じたのが、炭水化物を多く含む食べ物で、それを与えるだけでなく、ドッグフードの原料に多く使われている場合も同様です。

また炭水化物はお米、小麦などが特に良くないという印象がありますが、加えて小麦由来のタンパク質も良くないという実感がありました。

小麦由来のタンパク質はグルテンというもので、これは植物性タンパク質など言われたりもします。

植物性だから体に良いというイメージがありますが、犬にそれが同じように通用するかというと、犬の場合は魚や鹿などといった動物性タンパク質が体質に合っているのだと体験的に思います。

私たちが上記の他に注意しているのは大豆や大豆製品です。

これも植物性のタンパク質ですが、アレルギー反応としては強いものでした。

ラブラドール の場合は、ドッグーフードやご褒美のおやつなど、愛犬が食べるものにおいては、穀物類を避けると同時に、大豆類も避けることが望ましいでしょう。

これらを摂取し続けると、耳から大量の分泌物を出したり、それが痒くてかきむしり、外耳炎になりさらに悪化したりした体験があります。

なぜこのような症状になるかは、私たちも明確な答えを出せませんでした。しかし、これらの食材を一切ないフードや、おやつにして、摂取させないようにしたらところ、見違えるように改善があったので、継続して与えないようにしています。

この他にも犬が食べていけない食材は、多岐に渡ります。 何を食べて良いかを見つけるウよりも、食べてはいけないものを把握し、良質な犬用フードやおやつのみを与えることに徹底した方が良いでしょう。

人が普段から問題なく食べているものは、犬にとって食べたら危険なものも多くあります。

家族が食べている食材や、それを捨てるようなゴミ箱の場所や形状も見直して、人間が食べるものを食べられないようにする工夫が必要です。

そして犬用以外食べさせないルールを、子犬期から徹底して教えておく必要があります。 ラブラドール は頭が良く、一度体験したことはよく覚えているものです。

食卓で家族の誰かが、人間が食べているものを与えると、それがすぐに習慣になってしまいます。

一口だけ・・・・ と思って食べさせてしまった食べ物や料理の中に、食べていけないもの、強いアレルギー反応を起こすものもあります。

ルールを教えれば、彼れはそれもしっかりと覚えるようになるし、受け入れてもくれるはずです。

とはいえ、飼い主さんがそれで満足して、ルールを教えることを途中でやめたり、一回や二回は大丈夫だと思って、ルールを戻してはいけないことだと思います。

愛犬は変更したルールも覚えるようになります。 そして自分に都合の良いルールほど、覚えることや、変更を受け入れることも早いものです。

アレルギーは免疫の過剰反応であり、全身に及ぶ大きなストレスとなり得るものです。

不安なら必ず獣医師さんに愛犬が食べるものや、ドッグフードの原料を相談したり、あるいは、セカンドオピニオンとして複数人の獣医さんに聞いても良いかと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応