犬の 餌入れ とアレルギーの関係とは

 犬の 餌入れ とアレルギーとの関係は、主に金属製の 餌入れ において起こるかもしれないと言われているようです。

これは犬のアレルギー状況にもよることが多く、一概には言えないでしょう。 またアレルギーを引き起こすと考えられる、私たちの体験的な見解をお伝えするとすれば、それは 餌入れ や水入れの中に繁殖した細菌だと言えるかもしれません。

犬の 餌入れ とアレルギーの関係とは

アレルギー反応は免疫の過剰反応 犬においても、人においても、アレルギー反応が出るというのは細菌やウィルスなどの侵入に対して、免疫が過剰に反応してしまうからのようです。

この反応は免疫が反応してしまうアレルゲン物質に、繰り返し晒されてしまうことでも起こりやすいと言われています。

例えば花粉症などは、アレルゲンである花粉に数カ月にわたり、大量に晒されることで、アレルギー反応として出てしまうものだと言われています。

餌にアレルゲンが含まれていることや、寝ている場所の衛生状態など、他にも様々な原因が考えられると言えますが、 餌入れ だと断定的に考えていくなら、 餌入れ に犬の唾液が残っていて、それが繁殖し、毎回細菌を取り込んでいるからと推測できるかもしれません。

まずはよく 餌入れ を洗うことと、特に水入れは細菌が繁殖しやすいことが言えます。

水入れには唾液が必ず入るし、人間が飲み残した水のペットボトルでも、時間の経過と温度に比例して細菌は大量に繁殖することがわかっています。

まずはとにかくかかりつけの獣医師さんに相談し、アレルゲン物質の摂取を抑える一つの手立てとして、 餌入れ と水入れの衛生面を考えてみて、毎回綺麗にしておくことを実践してみると良いかもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応