スキップしてメイン コンテンツに移動

犬の健康に適した ドッグフード にかかる費用や餌代

 愛犬が健康で居て欲しいという願いはある中で、それに適した ドッグフード は高いというイメージもあるでしょう。

犬の健康に適した   ドッグフード  にかかる費用や餌代

結論から言うと、それは事実だと言えます。 しかし、餌の与え方を愛犬にとって良いものへと変えると、その餌代や費用というは抑えることも可能です。

その方法をお伝えしながら、健康に良い ドッグフード に必要な費用などをお話していきます。

愛犬の健康をよくする ドッグフード とは

それは主原料が肉や魚といったタンパク質主体であるもので、タンパク質の含有率が高い(30%に近い) ドッグフード が良いというものです。

そしてできる限り、大豆製品、小麦製品、お米などの炭水化物がメインの原料である ドッグフード は、愛犬にアレルギー反応の可能性があるので、健康にむしろ良い影響とはならないだろうということをお伝えしました。

繰り返しになりますが、もしアレルギー反応で耳垂れや、赤茶けた耳垢が増えたり、匂いが出ていたら、それはすぐに獣医師さんにみてらもらうことをお勧めします。

耳から分泌物にカビの一種の菌が繁殖していて、さらなる細菌の繁殖にも繋がり、症状が悪化したり慢性的になる恐れがあります。

上記のような高タンパク質の含有があり、大豆や穀類を使用していないような ドッグフード は、アレルギー反応を抑えてくれると思っています。

これは上記リンクにもお伝えしていますが、私たちの愛犬が ドッグフード により耳垂れや耳垢がひどくなり、外耳炎になりったからであり、そしてもっと言うと、 ドッグフード によりそれがほぼ完治したからです。

さらにこのアレルギー反応は、愛犬のストレス反応にもなり得るものです。

これらを改善することで、愛犬の健康状態はみるみると良くなるという実体験があります。

ところが多くの場合で、量販店などで比較的安価に手に入る ドッグフード では実現が難しかったりもします。

私たちも愛犬のアレルギー反応を起こさないような ドッグフード を探していると、こだわりのフードや海外のものが多くありました。

そしてそれらは全て、値段が高く、費用がかかるという認識です。 では具体的にどれくらい費用がかかるのでしょうか・・・。

〜愛犬の健康を促進するフードの費用〜

少し前までは私たちは「ティンバーウルフ」という、海外のこだわり ドッグフード を使用していました。

この ドッグフード はアレルギー源となりやすいコーンや小麦を一切使用していないもので、発ガン性や健康リスクの恐れがあるBHA・BHT・エトキシキン等の化学保存料も使用していないという、素晴らしい ドッグフード でした。

タンパク質の含有率も34%以上で、肉や魚といったタンパク質主体の原材料の使用率も80%以上という優れたものでした。

現在は残念ながら販売停止になったらしく、国内で入手できなくなりましたが、これを試した時から私たちの愛犬の健康状態がとても良くなりました。

価格は確か、約12キロで2万円ほどだったと思います。

 ドッグフード に2万円と聞くと、とても高いという意見があるかもしれませんし、事実、私たちもそのように思いました。

しかし、彼らがアレルギー等の反応によって、耳の状態が悪化するたびに病院に行くことを考えると、トータル的に安いものでした。

例えば動物病院に行くまでに交通費がかかる人もいるかもしれません。 なぜなら愛犬を診てもらいたい獣医師さんは、飼い主さんが信頼できた方であることが多く、遠く遠方まで通う方も少なくありません。

例え交通費がかからない近所の動物病院だったとしても、愛犬の診察料金がかかります。

耳の治療なら大型犬のラブラドールで一回で4000円近くになります。 これが健康状態が改善していないうちは定期的に、あるいは悪化するたびに、毎度支出として計上されることになります。

ひどくなると1週間に1回、耳の殺菌などに通うことになり、症状の段階にもよりますが、私たちは完治するまでおおよそ4回から5回通いました。

つまり、このティンバーウルフの料金が、通院と治療代の費用として消えていくのです。

私たちは愛犬の適正体重を維持するための、 ドッグフード 量を計測して、現在愛犬に適した ドッグフード 量を与えています。

その量はメーカーが記載している推奨量の約半分です。(※ラブラドールの場合) この量は獣医師さんに通いながら愛犬の体重と運動の変化をずっと様子を見ていき、与える餌の量を徐々にコントロールさせていった結果です。

太り過ぎから徐々に痩せていって、そして適正体重に到達してからも、経過観察をしていきました。

するとこれ以上太らない、痩せないという ドッグフード の量を特定することができたのです。 そのため普通に与えている人の倍は長持ちし、費用も半分で済むことになります。

例えば、大型犬のラブラドールで12キロの ドッグフード をほぼちょうど1ヶ月で食べきります。 中型犬の柴犬で2.5ヶ月で食べきります。

これはラブラドールで1ヶ月で2万円ほどの ドッグフード の費用になります。柴犬では1万円弱となります。

しかし実際の私たちは、高価なフードに安価なフードを半分混ぜているので、高い ドッグフード の消費量はさらに半分になっています。

もちろん安価なフードでもタンパク質の含有率が多く、そしてタンパク質原料を主体にしているフードを選んでいます。

つまり安価なフードが例えば12キロで4000円だとして、とてもこだわっている高価なフードが2万円です。

これをラブラドールは2ヶ月をかけて食べきるので、24000円を2ヶ月で割ると、1ヶ月あたりの費用が、12000円になるのです。 柴犬では6000円になります。

これでも高いと思うかもしれませんが、高価な ドッグフード を通常の量でそのまま与えていると(おそらく太ります)、ラブラドールでは1ヶ月4万円ほどになり、柴犬も2万円くらいが餌の費用となってしまいます。

これは確かに「高い。」と感じるだろうし、私たちも感じてしまいます。

私たちは高価なフードに変える前から、(メーカー推奨量で)愛犬が太っていったため、餌と体重のコントロールをしていました。

すると国産の比較的安価な ドッグフード では、およそ半分で体重の維持ができ、ずっと変わることがありませんでした。

しかしアレルギー反応が多くなったため、上記のような犬にとって安心で安全で、とてもこだわった ドッグフード を変えることになりましたが、半分の量で与えても体重の増減がないため、半額ほどで高価なフードを取り入れることができたのです。

そして安価だけど、愛犬にとって良いフードも半分混ぜることによって、さらに費用は安く済むようになり、継続が可能となりました。

安価なフードを混ぜた理由は費用の面だけでなく、例えば肉主体のフードなら魚主体のフードを混ぜて、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスを整えるためでした。

飽和脂肪酸は肉などに多く含まれている脂肪で、不飽和脂肪酸は魚や木の実などに多く含まれている脂肪分のことを言います。

これらのバランスを取るように心がけることで、愛犬の精神的な安定と、身体の健全な働きを促進することが狙いです。

飽和脂肪酸が多くなると、怒りや不安といった精神状態が増えやすく、その原因には、交感神経を優位にすることがあるからだと言われています。

一方で、魚などに含まれている不飽和脂肪酸は、副交感神経を優位にし、リラックス状態を促しがしてくれると言われています。

2つの ドッグフード のうち、高い安いでどちらが魚系で、どちらが肉系ということまでは強くこだわっていませんが、片方だけに偏ることがないように気をつけています。

これだけ工夫している私たちですが、確かに、量販店で売られている ドッグフード よりも、少し高くついてしまうことは否めません。

しかし、アレルギー反応の少ないフードであれば病院代がかかりにくいし、フードを混ぜて栄養のバランスを整えることで以外にも費用は削減できてしまいます。

そして、最も重要なことは、愛犬の体重をしっかりと記憶か記録をしていき、与えるフードの量と体重を適正にする量を見つけることだと言えます。

おそらくですが、多くの ドッグフード メーカーが裏面などに記載している推奨量は多めに設定されているでしょう。

そのため、適量を与えているつもりが、愛犬が徐々に太っていくという現象が見られるかもしれません。

そのような場合は、太り過ぎよりも、フードを減らして適正体重にし、それを維持した方がかなり健康的であり、また健康状態を維持できると思います。

餌の量を調整する場合は、必ず愛犬の体重と体型などの様子を見ながら行い、また獣医師さんに相談したりしても良いでしょう。

大切なことは、毎日食べるものだから、アレルギー反応が少ないこと、それによるストレスが軽減されるものであること、それを優先して選択することだと、私たちは考えています。

コメント

このブログの人気の投稿

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

ラブラドール に しつけトレーニングは大切です ラブラドール を飼うなら、しつけはとても重要だと思います。  その理由は上述もしましたが、 ラブラドール のような力の強い犬種がいうことを聞かなくなると、自分にも他者にも危険なことが多くあるからです。 またラブラドール は好奇心が旺盛な性格的傾向で、しつけをしないと、どんどん自発的に、自分勝手になっていく可能性があるでしょう。 自分勝手というのは、飼い主さんが過去に1度、あるいは数回にわたり、OKを出したことを愛犬は覚えていて、それをまた行っても良いと思っていることが多くあります。 いけないことや、やって欲しくないことは、飼い主さんと愛犬とのルールであり、それは子犬期から成犬になっても続くものです。 成犬になっても、ルールを忘れてしまうことはあるものです。 だから常に、ルールを飼い主さんも守らせることに加えて、自分も守り続けることが重要なのです。 例えばしつけをやめると、愛犬はわがままになっていく傾向になります。 私たちの愛犬もしつけが細かくできない時期などがあり、そうなるとやはりルールを守ることがおろそかになることがありました。 そうなると愛犬は徐々に、気がつけないくらいゆっくりと、大丈夫な範囲を広げていくのです。 そしてラブラドール がしつけをしないままで、何年と経過していくと、主従関係の逆転、問題行動などが増え、手をつけられないことにも発展しかねません。 でも、ラブラドール は本来はとても賢く、そして忠誠心の強い面があります。 よく学び、よく遊び、そしてよく守る、このように愛犬をしつけだけで縛り付けるのではなく、遊んであげなら、ルールを守れるようにしつけをしてあげれると良いと思います。 子犬期から成犬になり、3歳もすると非常に反抗的にもなります。 もちろん個体差があり、性格的なものが深く関係してくるので、一概には言えません。 ここでは、主従関係を構築するために、私たちが学び、そして実践してきたしつけをご紹介していきます。 そして、私たちがとても参考にして、多くを学べさせてもらった、ドッグトレーナーの藤井聡さんというからがいらっしゃいます。 この先生の書籍やDVDは、これら主従関係を愛犬と構築していく上で、とても効果的で参考になりました。 是非とも、愛犬との関係を良好にするためにも、ネットなどで検索したり、実際に購

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

  ラブラドール の 留守番  ラブラドール がストレスを感じやすいのが、この留守番の時間であり、それは私たち人間が想像をしているほどストレスフルなことだと思っています。 まず ラブラドール は、とても分離不安や分離ストレスを感じやすいものだというのが、私たちの実感としてあります。 飼い主さんや家族が出ていくとき、自分が1人になるとき、彼らはその分離ストレスを吐き出そうとすることがあります。 特に、放し飼いにしているときは、自分の守るべきテリトリーが家全体になっていることが多いので、それはすなわち自分が自由に、勝手に、むしろ当然のように、なんでも許される空間だという認識が強くなっていることでしょう。 彼らは留守番中に私たち人間のように、面白い番組などを見て待っていようとかテレビを見て暇をつぶすことはしないし、アプリゲームで暇をつぶすこともしません。 たとえテレビがついていても、それは雑音のほかならないものです。 しかし自分には自由な空間があるということは、それだけ愛犬が勝手気ままにいたずらをして良い空間を用意しているようなものだと言えます。 留守番中にいたずらをする ラブラドール はとても多く、靴がボロボロになったり、クッションが二度と使えなくなったり、餌を探し当てて食べてしまっていたり、様々ないたずらをしてしまいます。 彼らは自由でありながら守るべきテリトリーが広いほど、その空間で分離ストレスを発散しようとし、さらには、運動ストレスまで発散しようとします。 放し飼いは彼らのストレスを発散するように思えますが、これは全くの逆効果となることが本当に多くあります。 愛犬が留守番しているとき、おとなしくなれるのは、自分の守るべきテリトリーが狭いときだと、私たちは体験的にそう思っています。 ハウス、ケージなどに入れたり、リードで動かない家具などで繋いでおくなどして、守るべきテリトリーを狭く設定してあげることが重要です。 留守番中の彼らは遊んでいようが、いたずらしていようが、守るべきテリトリーの外を人が歩いたりすると、恐怖心さえ感じていることが多くあります。 興奮状態常に続き、落ち着け得ることもないなら、それはずっとストレスを抱えながら、飼い主さんの帰りを待っていることを意味しています。 落ち着いて、そして安心して寝ていれば、飼い主さんは帰ってくる。 自分は寝ているだけでいい