ラブラドール の毛並みをよくする手入れ方法とは

ラブラドール の毛並みをよくする手入れ方法とは

  ラブラドール は短毛種の犬種で、例えばゴールデンのような長毛種の犬種のように、毛の手入れなどが不要なイメージを持っている人も少なくないでしょう。

もちろん、ゴールデンレトリバーのようなサマーカットなどは、 ラブラドール には不要です。

しかし手入れによって、毛並みや毛質を大きく改善することも可能だと思っています。

これは私たちが事実、とても心がていることですが、ブラッシングを定期的に行うことです。

ブラッシングとは、毛の生え変わりシーズンを過ぎてすでに抜けている体毛や、前回のシーズンで抜けたけど、残っている体毛を綺麗に取り除く役割があります。

 ラブラドール に限らないかもしれませんが、犬の毛は生えては抜けていくものですが、それが綺麗さっぱりとすべて落ちてくれるわけではありません。

おそらく大半が体に絡まって残っていることが多くあります。 つまり、年々、または愛犬が年齢を重ねるにつれて、古い体毛のストックが増えていく傾向があるのです。

古い体毛が体中に増えすぎると、愛犬の皮膚呼吸の妨げにもなると言われています。

また水で濡れても乾きにくく、雑菌が繁殖して皮膚に炎症を起こしやすくもなります。

加えて痒みや痒い場所が増え、激しく掻くようになり、ストレスも多くなるでしょう。

毛並みや毛質の点で言えば、絡まってしまい毛玉ができたり、ぼこぼことした見た目になったります。

そして部屋や家が彼らの抜け毛で困った状況にもなるでしょう。

毛並みという格好の面だけでなく、愛犬の居心地の良さや、健康の維持のためにも、私たちはブラッシング大切だと考えて、頻繁に行なっています。

ブラシングなどで ラブラドール の毛並みをよくする方法は、後述にて私たちも実際に使用しているオススメのブラシや、その特徴や方法などをご紹介しています。 「 ラブラドール にオススメのブラッシング フーリーについて」 「 ラブラドール にオススメのブラッシング ファーミネーターについて」 また ラブラドール を室内で飼う場合について、詳細にご紹介している内容も、抜け毛やその対策、愛犬の健康についてご紹介しています。

「 ラブラドール を室内げ飼うことについて」

詳細なブラッシング方法は、別ページの項目で私たちの体験をもとにご紹介しています。

つまり、ブラッシングをすることで愛犬の無駄な抜け毛を綺麗に落とすことができます。

それによってボコボコした見た目や、皮膚の状態を良好にしてくれる助けとなります。

無駄な抜け毛がなくなるだけで、見た目の毛並みはとてもすっきりとした印象になり、定期的に行うことで維持も可能でしょう。

〜毛並みの手入れは、臭い匂いも防ぐ〜

このように無駄に溜まり続けてしまった抜け毛を処理することで、臭い匂いの軽減にもつながります。

なぜブラッシングで匂いの軽減が可能かというとその理由は、匂いが大量の毛の中に溜まってしまいやすいから、というのが私たちの体験から考え出した答えになります。

これはクッションや布団、ソファーに染み付く匂いに例えるとイメージしやすいかもしれません。

つまり、分厚い毛の塊や毛の層があると、そこに匂いが停滞しやすくなり、その結果、愛犬が匂ってしまうことがあると考えられるのです。

これを改善するには、分厚い毛の層を薄くすることで、匂いの停滞を防ぐことができ、私たちの愛犬も匂いの軽減に成功しました。

ただブラッシングをするだけで、毛の並や見た目を良くし、皮膚の健康状態も改善され、そして匂いも軽減してくれることにつながります。

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応