ラブラドール 子犬(大型犬)から成犬までの飼い方と育て方の基本的な流れ

ラブラドールの仔犬から成犬までの流れ

きっと多くの場合で、生後数ヶ月ほどのラブラドールをご家庭に迎え入れることでしょう。

愛犬をペットショップやブリーダーさんなどから購入したりするケースが多いと思います。

つまり、あなたの家に来たラブラドールは、それまで異なった環境にいたことを意味しています。

愛くるしく、とても可愛い彼は、ペットショップやブリーダーさんのルールの元、これまで暮らしており、そのルールを覚えています。

これがどのようなことを語っているかというと、以前とは異なった生活の方法や家族や飼い主さんとのルールを、教える必要があるということです。

これを私たちは、「しつけ」や「トレーニング」と考えています。 ラブラドールを子犬から飼い、成犬まで育てるまでの基本的な流れは、あなたと愛犬との付き合い方のルールを、まず覚えてもらうようにする必要があると考えています。

これは生後何ヶ月であっても関係なく、あなたの家に来たその時からが重要です。 逆にすでに成犬になっている飼い主さんもいるかと思います。

これも重要な要素は全く同じで、今から、守ってほしいことや、やってはいけないことを、教えていくことが大切になります。 私たちがラブラドールを飼われる多くの飼い主さんたちに、まず知ってほしいことは、この「しつけ」は、絶対に必要であるという認識を持ってほしいということです。

特にやってはいけないことを覚えてもらうことは、ご家庭にいるメンバーと同じに考えてもらうと理解しやすいと思います。 これはご家庭によって異なるので、あなたのご家庭でしっかりと決める必要があり、それを皆が守る必要があります。

例えば、食事の後は自分のお皿を片付けるご家庭があったり、そのままでも許されているご家庭もあるでしょう。

どちらが良くて、どちらが正しいという答えはありません。 これはご家庭内のみんなに共通したルールであるだけで、許されているならそれでいいし、片付けなくてはいけないなら、それは守ってもらうように何度も教える必要があるものです。

これは人間の家庭という社会においても重要な要素であり、愛犬にもルールを覚えてもらう方が、とても充実したドギーライフの助けになるでしょう。

私たちのラブラドールもやってはいけないことを理解してもらっています。でもその代わり、やっていいことはできる限り存分にやらせてあげています。

長距離の散歩、思いっきり走ること、栄養バランスが豊富でアレルギーの心配のないドッグフードを食べること、飲み込みやすい高さにすること、ゆっくりと眠っていられ安心できる場所を確保すること、長期間ゆっくり眠れるベッドやその環境などです。

彼がルールを守ってくれるのは、このように、「ルールを守っていれば良いことがある」ということを同時に知ってくれているからと思っています。

それでは子犬のラブラドールを向かいれてから、成犬になるまでの育て方や注意点をご紹介していきます。

〜子犬のラブラドールを迎え入れる〜

まず子犬のラブラドールを迎え入れる時、もしかしたら犬と暮らすということが初めての経験かもしれません。

私たちは今いる愛犬のラブが最初の体験で、一体何をしたらいいのかわからないことが多くありました。

私たちは徹底して犬の習性や、しつけ、餌の与え方、どのようにして飼えば良いかなどを勉強しました。

詳細はこちらへ子犬のラブラドールを迎え入れる

〜ラブラドール子犬期の大切なしつけと家庭環境〜

上記のように、ラブラドールに重要な環境作りができ、彼がいつも安心して寝ていられるようになったら、次に重要なことがトイレのしつけであり、トイレトレーニングというものです。

猫の場合、トイレはしつけなくてもやってくれますが、犬の場合は、トイレをしつけたり、覚えてもらう必要があります。

詳細はこちらへラブラドール子犬期の大切なしつけ(トイレトレーニング)と家庭環境

〜子犬のラブラドールの甘噛みのしつけ〜

ラブは子犬期から甘噛みは徹底して、「いけない行為」であることを教えた方が良いと思います。

ただし何かを取りに行くための甘噛みや、噛んで良いものを教えることは別です。例えばボールを取ってくることや、かみかみしていいオモチャなどは、思う存分噛ませても良いでしょう。

ただ「絶対に噛んではいけないもの」を私たちは明確にしました。

詳細はこちらへ【重要】ラブラドール子犬の甘噛みのしつけを解説

〜子犬のラブラドールの餌と水の与え方〜

子犬のラブラドールに対する餌と水の餌の与え方は、もしかすると常識的な意見と異なる部分が多いかもしれません。

実は私たちも常識的に水と餌を与えていたのですが、とても後悔してしまったというエピソードがあります。

結論から言いますと、ラブラドールに餌や水を与える時、彼らが飲み込みやすいように工夫する必要があるということです。

これをしなかっただけで、私たちのラブラドールは命の危険さえ抱えたことがあるのです。

それが胃捻転という症状です。

詳細はこちらへ【大切!】子犬のラブラドールの餌と水の与え方を徹底解説

コメント

このブログの人気の投稿

ラブラドール の 留守番 を解説「ストレスを感じにくい 留守番 方法とは」

子犬 、 成犬 、反抗期などに共通した ラブラドール の しつけ トレーニング

愛犬 ラブラドール の元気がないとき 下痢 や 嘔吐 するときの対応